• トップ>
  • 食事>
  • ゼラチンを使って試作ミキサー食☆口からも胃瘻からも同じもの(SCN8Aてんかん性脳症)

ゼラチンを使って試作ミキサー食☆口からも胃瘻からも同じもの(SCN8Aてんかん性脳症)

対象者

性別
年齢 3歳
診断・症状 SCN8A異常によるてんかん性脳症
レノックス・ガストー症候群
胃瘻

実践者

保護者(母) 今日はとても暑くてお散歩中も汗が出るわ出るわ、、、。
でも花粉症だならマスク外したくない

ハウツー

明日で1週間、、、。

入院している病院に電話で聞いてみたところ、、、造影剤検査をする事になったので今週中退院できるな?と、いう感じになったそうです
ラコールは明日から普通量に戻すと事なので、、、。
ミキサー食どれくらいから再開しようか、、、いや、今回の退院で許可でるかな?
明日は面会は出来ないけど洗濯物を取りに行き先生と少し話す為に病院に行く予定です
とにかく帰ってきた時のために鍛錬は怠らないぞ
前からやってみようと思っていたゼラチンを使っての試作品!
こちらです
そう、ジュレを載せたやつ(!?)
えだまめ豆腐のジュレ
ゼラチンで食べ物に程よいとろみ?硬さを持たせる方法はフレンチ料理の手法
当たり前ですが
普段のフレンチにとろみ剤は使わないのでこういうところから食材の扱い方を知る、、、。
経験しておいて良かったことの1つです。
まずゼラチン顆粒とお湯、白だしでジュレを作りました
固まる前の味付け程度分、ゼラチンを豆腐とえだまめを攪拌!
冷蔵庫で冷やします
(残りのゼラチンも冷蔵庫でしっかり冷やします)

豆腐が入っているのもありますが
このぷるぷる感はまさに、、、とろみ剤を入れた時のアレと同じ
攪拌後冷やしたもの
毎度、代わり映えしなくてすみません。

このゼラチンのコツはゼラチン顆粒を入れて固まる前のものと食べ物を攪拌する事でぷるぷるとろーんとしたとろみがつきます。

ただゼラチンは常温以下(20度前後?)で固まるものなので最初は少し緩めですが徐々に固まっていきます。

常温以上になった時(25度以上)は液状になるので冷凍保存から温めた場合はただの出汁と化します笑

お時間があれば冷蔵庫でゆっくり戻すのがオススメです
尚、豆腐などの食材とゼラチンを攪拌した場合は液状になりにくいので通園のお弁当はレンチンしてもらってもとろみは保てるかな?と思います。
(これも今度試してみよう)

今のところは冷製専用?かな?
何か良い使い道はないか模索してみよう
今回は白だしでやりましたが
麺つゆ、コンソメ、出汁、、、なんでもOK
最後に冷蔵庫で冷えたゼラチンをフォークで崩してえだまめと一緒に乗せて、、、
口から食べる方も胃瘻ミキサー食も同じものを食べることが出来る♡
シリンジでジュレも吸ってみたらちゃんと出来ました

説明にあった適量で作ったけど
もしかしたらもう少し緩めに作っても良いかも
今日みたいな暑い日の食卓にはちょうど良い感じのメニューが出来ました

他の出汁類も是非試そう、、、

ケアチャネルより一言

ママさんの料理への向上心はほんとすごいですね(^^)
見習いたいところですが、なかなかここまでは難しいかもしれないので、参考にさせていただきます(笑)

ゆうのすけのWonderful Life

※記事内で紹介している器具・製品等は、当該器具・製品等の取扱説明書等をご覧の上、正しくお使いください。記事内で紹介している器具・製品等の使用方法を含め、記事内の方法は、あくまで体験者の実践している方法であり、当社において安全性等を何ら保証するものではありません。

関連するまとめ

ケアチャネルを購読・シェア

ケアチャネルの記事を購読するには、Facebookが便利です。

この記事をあなたの友達にも教えてあげたいときは、シェアをお願いします。

  • LINEで送る

このハウツーへのコメント