• トップ>
  • 食事>
  • 発達支援のお弁当☆縦にしても溢れないお弁当箱(ウエスト症候群)

発達支援のお弁当☆縦にしても溢れないお弁当箱(ウエスト症候群)

対象者

性別
年齢 5歳
診断・症状 出血後水頭症 ウエスト症候群
胃瘻

実践者

保護者(母) 今日は発達支援です('ᴗ')

週4日、療育センターに通い、週のラストに発達支援。このリズムがとっても良いです♪

ようちゃん、ちょっとほっこりするみたい(♡▿♡)

お弁当は作らなきゃいけないけど、玄関先までお迎えに来て下さるので、私も少しのんびり出来ます♪(*´ε`*)センターのバスより、時間も遅いですし。

ハウツー

今日のお弁当

出汁お粥の梅干しのせ
つくねと野菜のあんかけ
卵豆腐
りんご
羊羹

↑縦にしても溢れないという画期的なお弁当箱。ミキサー食仲間のお友だちが買って来てくれました♡(CBジャパン薄型弁当箱フードマン)

タッパーいくつも持って行くよりも、ラクチンだし、洗うのも簡単。何よりお弁当感があふれててかわいい(*´ω`*)

見た目もおいしく、キレイに詰めようアップって気持ちになります。

いっぱい遊んで、おいしく食べてね〜
注)ようちゃんです(*‾◡‾*)

ケアチャネルより一言

こちらのお弁当箱、お値段もそこまでお手頃でこの機能はペースト食にももってこいですね☆
見映えも綺麗になるのも嬉しいです(^^)

重症心身障害児ようちゃんの笑顔

※記事内で紹介している器具・製品等は、当該器具・製品等の取扱説明書等をご覧の上、正しくお使いください。記事内で紹介している器具・製品等の使用方法を含め、記事内の方法は、あくまで体験者の実践している方法であり、当社において安全性等を何ら保証するものではありません。

関連するまとめ

ケアチャネルを購読・シェア

ケアチャネルの記事を購読するには、Facebookが便利です。

この記事をあなたの友達にも教えてあげたいときは、シェアをお願いします。

  • LINEで送る

このハウツーへのコメント