• トップ>
  • 食事>
  • 食事用エプロン☆やわらかいゴムを使って自作(ウエスト症候群)

食事用エプロン☆やわらかいゴムを使って自作(ウエスト症候群)

対象者

性別
年齢 5歳
診断・症状 出血後水頭症 ウエスト症候群
胃瘻

実践者

保護者(母) 食事用エプロンがボロボロになっちゃったので、新しく作りました♪♪

ハウツー

作ると言っても、タオルを買って来て、
↑の穴に紐通しでゴムを通すだけ(▼◡▼)
5分もあれば3枚作れちゃいます♪(*´ε`*)
首が痛くならないように、やわらかいゴムを使ってます。

この子達でもう、何代目になるかなー(*≧ε≦*)

初期食(ペースト食)なので、ビニール製のエプロンよりも、タオルの方が使いやすいので、ずっと愛用しています♡♡


ようちゃん、沢山食べてねー(♡▿♡)

ケアチャネルより一言

簡単!縫わなくていいなんて!洗い替えで枚数が必要なだけにめんどくさい事は避けたいものです^^;
どれだけ手間をかけずにできるかも一つのポイントですからね☆
見た目もかわいくて、ナイスアイデア(^^)

重症心身障害児ようちゃんの笑顔

※記事内で紹介している作製方法・作製物等は、あくまで実践者の対象者に合わせた実践例であり、全ての対象者の症状・状況に適しているものではなく、お客様が作製された物を含め、当社において安全性等において何ら保証するものではありません。実践される場合には、利用する製品の強度・使用方法等をお客様ご自身でご確認の上、対象者の症状、性質、身体状況などを踏まえ、お客様の自己判断で実践してください。

関連するまとめ

ケアチャネルを購読・シェア

ケアチャネルの記事を購読するには、Facebookが便利です。

この記事をあなたの友達にも教えてあげたいときは、シェアをお願いします。

  • LINEで送る

このハウツーへのコメント