• トップ>
  • 食事>
  • 伝達講習☆摂食・嚥下の講習会(訪問看護ステーション ベビーノ)

伝達講習☆摂食・嚥下の講習会(訪問看護ステーション ベビーノ)

対象者

性別 指定無し
年齢 指定なし
診断・症状 サポートが必要な新生児・小児

実践者

訪問看護ステーション ベビーノ 今日はPTが参加してきた、摂食・嚥下の講習会の伝達講習でした(^^)

ハウツー

こういう姿勢だと嚥下はどうなるのか、こういう時はどう介助するのかーなど、実習を行いながら、学びました(*^^*)

嚥下と一言で言っても、意識をしていないだけで、私たちは実はとても複雑なことを一瞬で行なっています。

上手に嚥下をするためには、そこまでのプロセスがスムーズに行われなくてはいけず、その為にはまずはとにかく「姿勢」と過敏を取り除く「脱感作」が大切だと、力説してくれました_φ(・_・

お家での生活の始まりを支える私たちは、その基礎作りをすることが大切な役目なのだと、あらためて感じましたp(^-^)q

なんとなく分かっていることでも、もう一度体験してみると、なるほど〜とさらに理解が深まりました!

早速今日の訪問でも、こうやって抱っこすると安定するのかな〜などと考えたり☆

一緒に学ぶことで、スタッフ間の相談などもしやすくなり、みんなに良い刺激になるので〜今後も学びを深められればと思います(^_-)

ケアチャネルより一言

お子さんが入院から在宅生活に戻ってくる時に、まずサポートに使って欲しいサービスの一つが訪問看護です☆
そんな訪問看護のスタッフさんも日々勉強しながら(^^)

まめまめ日誌〜訪問看護ステーション ベビーノ

※記事内で紹介している方法等は、あくまで体験者の対象者に合わせた実践例であり、全ての対象者の症状・状況に適しているものではなく、当社において安全性・効果・不具合の不発生等を何ら保証するものではありません。

関連するまとめ

ケアチャネルを購読・シェア

ケアチャネルの記事を購読するには、Facebookが便利です。

この記事をあなたの友達にも教えてあげたいときは、シェアをお願いします。

  • LINEで送る

このハウツーへのコメント