• トップ>
  • 食事>
  • ミキサー食&ソフト食のお弁当作り☆少しでも形のあるお弁当を(二分脊椎症)

ミキサー食&ソフト食のお弁当作り☆少しでも形のあるお弁当を(二分脊椎症)

対象者

性別
年齢 9歳
診断・症状 二分脊椎症

実践者

保護者(母) ちびっ子をデイのイベントに
参加させてあげたいこと。

デイでのちびっ子が
お弁当(ミキサー食)を食べるのに
一時間近くかかっていること。

お友達のお弁当がうらやましいのか
ミキサー食のお弁当を
食べたがらないこともあるそう

このことがきっかけとなり
ちびっ子に少しでも
形あるお弁当を持たせたい…
という気持ちが強くなったママ。

ソフト食のお弁当作りに
挑戦することにしました。

ハウツー

先日イベントの時に作ったいろいろ

余った物を冷凍してみてました。
それを翌日のミキサー食のお弁当に
使ってみる。

ニンジンスープに冷凍しておいた
ソフト食のニンジンとブロッコリー(材料は枝豆)を。
ソフト食のミニトマトはお花にしてみました。
別日は半分くらいをソフト食に。

ちびっ子がエビ好きなので
エビがあれば食が進むか…と
ソフト食のエビ作りに挑戦。
けして鮭ではありません
チキンカツは2層にしてみました。
玉子焼き、キュウリ洋漬もソフト食に。

とにかくママのソフト食作りには
爪楊枝が大活躍らしい。

そして全体の半分しか
ソフト食を入れてないのに
お弁当作りにかかる時間だけは
増えていってるのです。
同じ食形態のお友達
外食で食すまでの工程(作業)が
ほぼ一致します

ケアチャネルより一言

料理の味は『視覚』で決まる部分が多いそう。そして食欲を刺激する食材の色もとても大切☆
みんなで食べるお弁当の時間が楽しくなるといいですね(^^)

だいだいだい好きな宝物

記事内で紹介している器具・製品等は、当該器具・製品等の取扱説明書等をご覧の上、正しくお使いください。記事内で紹介している器具・製品等の使用方法を含め、記事内の方法は、あくまで体験者の実践している方法であり、当社において安全性等において何ら保証するものではなく、また、全ての方に対応する方法ではありません。対象者の症状、性質、可能な食事形態などを踏まえ、実践者の自己判断で実践してください。

関連するまとめ

ケアチャネルを購読・シェア

ケアチャネルの記事を購読するには、Facebookが便利です。

この記事をあなたの友達にも教えてあげたいときは、シェアをお願いします。

  • LINEで送る

このハウツーへのコメント