• トップ>
  • 医療的ケア>
  • 焦らずゆっくり人工鼻に☆娘の場合の人工鼻の時と呼吸器の時の違い(脳性麻痺)

焦らずゆっくり人工鼻に☆娘の場合の人工鼻の時と呼吸器の時の違い(脳性麻痺)

対象者

性別
年齢 2歳
診断・症状 脳性麻痺

実践者

保護者(母) レスパイト入院中に、主治医からの人工鼻の許可がおり、退院後からは呼吸器を外して人工鼻の時間を増やしていました。吸引は増えるもののサチュレーションは下がらずに、4~6時間人工鼻で過ごせる日もあり、2週目くらいからは、寝てる時もサチュレーションが下がらずに人工鼻で寝れる事もありました。

ハウツー

2週目くらいからは、寝てる時もサチュレーションが下がらずに人工鼻で寝れる事も(左がサチュレーション・右が心拍)
主治医の先生も、近隣医のかかりつけの先生も、サチュレーションが下がらなければ寝てる時も人工鼻でもOK との事でした!
が・・・サチュレーションは下がらず、寝てる時は何の問題もないのですが、起きてからの吸引が頻回過ぎて・・・ムセてる事も多く、ゼコゼコ聞こえても引ききれなかったり・・・ご飯(経口)も人工鼻で食べると、ムセて気管から引ける事も数回。
先週はグズリが多く、人工鼻で過ごす時間が減っていました(泣くと気管軟化症の為、気管が潰れるので)
定期往診日に、往診医の先生に色々聞いてみました(往診医は子供はあまり詳しくはないですが、呼吸器科で呼吸器が専門なので)
娘は今までずっと呼吸器に頼っていた為、胸(胸郭?)が固くなっているようです。自分の力だけで呼吸をするのは相当な体力を必要とするらしいです。
しかもカニューレからの呼吸と言うのは、私たちがストローを使って呼吸をしているようなものなのだとか。呼吸器を使ってると、肺の中が陽圧になり誤嚥はしにくいらしいのですが、人工鼻だけだと肺の中が陰圧になりやすく誤嚥をしやすいみたいです。だから人工鼻での食事は誤嚥しやすいし、痰も中々上がってこないとのことです。
呼吸器をしていて寝てる時に自発呼吸がなくなり、呼吸器にのっかてしまうのは楽だからで、外せば自発が出るのも普通なんだそうです。急に長時間人工鼻にするのは、サチュレーションは下がらなくても疲れる筈と、今は無理をさせずにご飯の時や寝てる時は呼吸器にして、それ以外も長時間はやめて2時間おきに人工鼻と呼吸器を交互にがいいのではないかということでした。

コツ・ポイント

確かに人工鼻時間を減らしたら、グズグズが激減しました。昨日は1回も泣かなかったし、やっぱりサチュレーションに反映されてはいなかったけど、苦しかったのですかね。焦らず、少しづつ人工鼻時間を増やしていこうと思います☆

かいらなのブログ

※記事内で紹介している器具・製品等は、当該器具・製品等の取扱説明書等をご覧の上、正しくお使いください。記事内で紹介している器具・製品等の使用方法を含め、記事内の方法は、あくまで体験者の実践している方法であり、当社において安全性や症状の改善・効果等を何ら保証するものではありません。実際に実践される場合には、当該対象者に対して実践可能な方法かどうかなどについて、医師等の専門家にご相談の上、かかる専門家の指導の下、実践してください。

関連するまとめ

ケアチャネルを購読・シェア

ケアチャネルの記事を購読するには、Facebookが便利です。

この記事をあなたの友達にも教えてあげたいときは、シェアをお願いします。

  • LINEで送る

このハウツーへのコメント