• トップ>
  • 医療的ケア>
  • 肌荒れ対策か粘着力か☆トラポア(テープ)を使ってみた感想(脳性麻痺)

肌荒れ対策か粘着力か☆トラポア(テープ)を使ってみた感想(脳性麻痺)

医療的ケア

対象者

性別
年齢 2歳
診断・症状 脳性麻痺 てんかん

実践者

保護者(母) 娘はいつも、マーゲンチューブを留めるのにワーデルを貰っていましたが、ほっぺが赤くなってしまうのでどうにかならないかなぁと思っていました。同じ病院のお友達に、トラポアもリストには無いが支給してもらえると教えてもらいました♪

ハウツー

茶色のワーデルと白のトラポアを並べてみました♪トラポアは、今まで使ってたワーデルの倍の幅があります。
絵が苦手な私は、ほっぺテープをな~んにも可愛くしてませんでしたが、幅広のトラポアなら形くらいなら出来るかも???と言う事で、簡単にクマと雲の形で貼ってみました♪
ヨダレ鼻水が多い娘・・・黒の印がテープの中に入り込んでいます。注入中だった為、後での張り替えでもいいかなぁなんて思っていたら、テープはそのままでチューブのみがスルスルの状態でした。ヨダレ鼻水が多い娘には合わなかったみたいです。
そのあたりが大丈夫な方には肌には優しいのでいいかもです☆

コツ・ポイント

かいらなのブログ

※記事内で紹介している器具・製品等は、当該器具・製品等の取扱説明書等をご覧の上、正しくお使いください。記事内で紹介している器具・製品等の使用方法を含め、記事内の方法は、あくまで体験者の実践している方法であり、当社において安全性や症状の改善・効果等を何ら保証するものではありません。実際に実践される場合には、当該対象者に対して実践可能な方法かどうかなどについて、医師等の専門家にご相談の上、かかる専門家の指導の下、実践してください。

関連するまとめ

ケアチャネルを購読・シェア

ケアチャネルの記事を購読するには、Facebookが便利です。

この記事をあなたの友達にも教えてあげたいときは、シェアをお願いします。

  • LINEで送る

このハウツーへのコメント