• トップ>
  • 医療的ケア>
  • 診療材料(支給物品)について☆普段使っている物のあれこれ(ウエスト症候群)

診療材料(支給物品)について☆普段使っている物のあれこれ(ウエスト症候群)

対象者

性別
年齢 2歳
診断・症状 ウエスト症候群
気管切開 胃瘻

実践者

保護者(母) 息子はウエスト症候群(点頭てんかん)のために小児慢性特定疾患の手帳を持っているので、ほとんどの物品を支給してもらえています。物品関係は病院のソーシャルワーカーさんに相談しています。地域や病院によって違うようなので、あくまで参考程度に♪

ハウツー

注入のときに使うものです。
上:ジェイフィールド注射器(シリンジ)は2.5ml、5ml、10mlの3種類。
下左:ジェイフィールド栄養セット
下中:ジェイフィールド栄養ボトル600ml
下右:テルモシリンジ5ml
気管切開の物品など。
上:アーガイルカニューレ4mmと4.5mm(カニューレが抜けて4.5mmがはいらないとき用に4mmも用意)
下左:Yガーゼ
下右:人工鼻(トラキベントプラス)
吸引するときの物品たち。
上左:エタノール綿(エレファイパー200包入りで1包に2枚入ってます)
上右:メラ唾液吸引チューブ(持続吸引に)
下:サクションカテーテル8hr

コツ・ポイント

他には、退院するにあたって緊急時用にアンビューを用意するよう言われて病院で購入しました。確か小児用で8000円程度だったと思います♪

*星に願いを*
※記事内で紹介している器具・製品等は、当該器具・製品等の取扱説明書等をご覧の上、正しくお使いください。記事内で紹介している器具・製品等の使用方法を含め、記事内の方法は、あくまで体験者の実践している方法であり、当社において安全性等を何ら保証するものではありません。

関連するまとめ

ケアチャネルを購読・シェア

ケアチャネルの記事を購読するには、Facebookが便利です。

この記事をあなたの友達にも教えてあげたいときは、シェアをお願いします。

  • LINEで送る

このハウツーへのコメント