• トップ>
  • 医療的ケア>
  • 簡単にできる☆基本的なカニューレバンドの作り方(ウエスト症候群)

簡単にできる☆基本的なカニューレバンドの作り方(ウエスト症候群)

対象者

性別
年齢 2歳
診断・症状 ウエスト症候群
気管切開 胃瘻

実践者

保護者(母) 気管切開の手術をしてはや1年。退院前に6本作ってからいくつか行方不明になったりヨレヨレになったりしていたので、新調することにしました。考えすぎると難しい作り方になってしまうので、基本的な作り方でやってみました☆

ハウツー

まず息子の首回りのサイズを測ります。22cmでした。(カニューレの両方の穴から穴まで)
使ったのはダブルガーゼの生地・キルト芯(中に入れてふかふかに♪)・フリーマジックテープ(1枚にフックとループが付いてる)です。
今まで普通のフック・ループが別々になってるマジックテープを使ってましたが、フリーマジックテープの方がゴミや糸クズがつきにくく、肌触りも良いです。
首回りのサイズを22cm、出来上がりの幅2cm。これに縫い代を1cmずつ取っていきます。長さは24cmで、幅は6cmでカット(折りたたんで作るので)。
ですが、ここで長さに両側1cmずつプラスして26cmにします!(説明は後ほど)
マジックテープを先に縫い付けるのでカットします。
1本のマジックテープでバンド2本分カットできました。フリーマジックテープなので、フック・ループ部分を分けずにカットできます(左上のテープは間違ってカットしてしましました・・・)
長さは適当でいいのですが、通す部分が全部留めれるように、通す部分を短くしてください。私は通す部分を7cm、縫い付ける部分を9cmにしました。
カニューレ穴に通しやすいよう、先を丸く尖らせてカットしてください。
マジックテープを縫い付けていきます。硬いので縫いにくいかな?と思いましたが、ミシンで綺麗に縫えました♪
縫い代の1cmに加えて、もう1cm内側に縫い付けてます。この内側1cmに縫うことで、バンドを首に巻いたときにマジックテープが肌に当たらず痛くないんです☆
キルト芯を適当な大きさに切って、中に挟んでマチ針でとめます。小さなバンドなので、針が怖ければもちろん仮縫いでもOK。キルト芯を入れることでフカフカになって、生地がヨレたりせずイイ感じ。粘着芯を入れる方もいるようですね。生地がしっかりしそうかな。
完成です♪
かわいい生地が見つからなかったので、同じ柄ばかりですが(笑)画像では見えにくいんですけど、マジックテープが内側についてるので、直接肌に当たりません☆

コツ・ポイント

*星に願いを*

※記事内で紹介している作製方法・作製物等は、あくまで実践者の対象者に合わせた実践例であり、全ての対象者の症状・状況に適しているものではなく、お客様が作製された物を含め、当社において安全性等において何ら保証するものではありません。実践される場合には、利用する製品の強度・使用方法等をお客様ご自身でご確認の上、対象者の症状、性質、身体状況などを踏まえ、お客様の自己判断で実践してください。

関連するまとめ

ケアチャネルを購読・シェア

ケアチャネルの記事を購読するには、Facebookが便利です。

この記事をあなたの友達にも教えてあげたいときは、シェアをお願いします。

  • LINEで送る

このハウツーへのコメント