• トップ>
  • 医療的ケア>
  • 側彎コルセットの圧迫から胃ろうを保護する方法(ウエスト症候群) 

側彎コルセットの圧迫から胃ろうを保護する方法(ウエスト症候群) 

対象者

性別
年齢 10歳
診断・症状 ウエスト症候群
胃ろう

実践者

保護者(母) 息子は側彎があり体幹装具(コルセット)を装着しています。胃ろうの上にコルセットをギュッと絞めると圧迫されてしまうので、胃ろうを保護するためにクッションを作りました。柔らかい素材ですのでコルセットの効果に影響を与えず圧迫を軽減できています。

ハウツー

①胃ろうの部分を圧迫しないように中心を丸く開けて作りました。
②中には綿を詰めています。
③大きさはちょうど胃ろうのガーゼが収まるくらいにしています。
④実際に使っているときの写真です。肌着の上にクッションを置き、その上にコルセットを装着します。
⑤コルセットを締めた状態です。コルセットが直接胃ろうを圧迫することなく不快感を軽減します。

コツ・ポイント

コルセットを装着する時、外す時には、異胃ろう部分を直接目で見て異常がないかどうか確認しています。

※記事内で紹介している器具・製品等は、当該器具・製品等の取扱説明書等をご覧の上、正しくお使いください。記事内で紹介している器具・製品等の使用方法・作製方法を含め、記事内の方法は、あくまで体験者の実践している方法であり、当社において安全性や症状の改善・効果等を何ら保証するものではありません。実際に実践される場合には、当該対象者に対して実践可能な方法かどうかなどについて、医師等の専門家にご相談の上、かかる専門家の指導の下、実践してください。

関連するまとめ

ケアチャネルを購読・シェア

ケアチャネルの記事を購読するには、Facebookが便利です。

この記事をあなたの友達にも教えてあげたいときは、シェアをお願いします。

  • LINEで送る

このハウツーへのコメント