• トップ>
  • 医療的ケア>
  • 薬の仕分けと服用時間の管理☆薬箱に小物ケースを活用(脳性麻痺)

薬の仕分けと服用時間の管理☆薬箱に小物ケースを活用(脳性麻痺)

医療的ケア

対象者

性別
年齢 2歳
診断・症状 脳性麻痺
気管切開 呼吸器装着 経管栄養

実践者

保護者(母) 今飲んでいるお薬は8種類。
量も増えてきたし、何より白い粉が多いから訳が分からんなるし、一回で30~45日分とかもらうので薬局の袋じゃ管理しにくいので、少し方法を考えました。

ハウツー

ニトリで買った小物ケースを活用しております。これ、お値段以上です(笑)一つのボックスに粉薬30日分は普通に入ります。45日分はキツイかもしれませんが。
今までは薬局の紙袋に一種類ずつ入ってて、一つずつ出して袋の口しっかり閉めてとか面倒臭かったけど、これはラク!
余った所はソリタやミルトン錠、目薬・塗り薬の予備分を入れています。
薬によって飲む時間違うのもあるから、上部に服用時間書いてペトッ。
これで、いちいち私に「この時間の薬って何と何~?」と聞いていたパパも、ひょいひょいっと取り出してやってくれています!

コツ・ポイント

*おうちにかえろう*

※記事内で紹介している方法等は、あくまで体験者の実践している方法であり、当社において安全性や症状の改善・効果等を何ら保証するものではありません。お客様ご自身においてご確認の上、対象者の症状、性質、身体状況などを踏まえ、お客様の自己判断で実践してください。

関連するまとめ

ケアチャネルを購読・シェア

ケアチャネルの記事を購読するには、Facebookが便利です。

この記事をあなたの友達にも教えてあげたいときは、シェアをお願いします。

  • LINEで送る

このハウツーへのコメント