緊急のときの娘の命綱 蘇生バッグ(人工呼吸器)

対象者

性別
年齢 7歳
診断・症状 蘇生後脳症 呼吸器装着

実践者

保護者(母) 娘は自発的に呼吸が出来ません。呼吸器でサポートしていますが、呼吸器の故障時等でうまく呼吸のサポートができないと、生命に関わります。
退院時に主治医より蘇生バッグを紹介され、購入しました。

ハウツー

ブルークロス シリコンレサシテーター 新生児用。16000円ほどで購入しました。
この製品はリザーバーバッグを取り付けることができ、サチュレーション低迷時にも高濃度の酸素を流しながらバギングが出来ます。
左、新生児用 右、小児用
娘の場合、体が小さく体重が12キロほどです。主治医に確認したところまだ新生児用の使用でいいと言われ小児用は使用していません。
緊急時に対応が出来るように自宅でのアンビューの保管場所は子供の隣、すぐ手の届く範囲です。
外出時のアンビューの保管場所はいつもバギーに掛けてあるアンパンマンの袋の中です。緊急時にすぐに取り出しバギングができるようにしています。母以外の第三者の方にも見つけやすいところに保管しています。

病院で使用していたのがブルークロスのものだったので、使い慣れている同じメーカーのものにしました。大きさは主治医に相談し決めました。緊急に実施する時のために普段から使用に慣れておくことや、出来るだけ目立つ場所に保管しておくことをおすすめします。緊急時に子供の近くに置いておいたおかげで、5、6回命を繋ぐ事ができました。

ケアチャネルより一言

もちろんあまり使いたくない蘇生バッグですが、実際にはそうは言ってられない状況も。
普段、蘇生バッグに触れたことのない方も多いと思いますが、まずは存在を知ってもらい、もし触れる機会があれば使い方もちょっと聞いてみて欲しいです☆

※記事内で紹介している器具・製品等は、当該器具・製品等の取扱説明書等をご覧の上、正しくお使いください。記事内で紹介している器具・製品等の使用方法を含め、記事内の方法は、あくまで体験者の実践している方法であり、当社において安全性や症状の改善・効果等を何ら保証するものではありません。実際に実践される場合には、当該対象者に対して実践可能な方法かどうかなどについて、医師等の専門家にご相談の上、かかる専門家の指導の下、実践してください。

関連するまとめ

ケアチャネルを購読・シェア

ケアチャネルの記事を購読するには、Facebookが便利です。

この記事をあなたの友達にも教えてあげたいときは、シェアをお願いします。

  • LINEで送る

このハウツーへのコメント