• トップ>
  • 医療的ケア>
  • マジック1本で気管内吸引の挿入の長さを共有する方法(人工呼吸器)

マジック1本で気管内吸引の挿入の長さを共有する方法(人工呼吸器)

対象者

性別
年齢 7歳
診断・症状 蘇生後脳症 呼吸器装着

実践者

家族(母) 気管内吸引を母である私以外の人にも不安なく実施してもらいたいなと考えた方法です。

ハウツー

①吸引カテーテル(8Fr)です。特に挿入の長さについての目盛はありません。
②10㎝(娘は10cm挿入します。)のところに黒のマジック(油性です。)で印をつけます。
③黒く印をつけた部分の少し上を持ち、気管内吸引を実施します。

コツ・ポイント

私は吸引カテーテルを3日に一度新しいものに替えています。そのときに少し太めに印をつけておくと3日間消える事無く使用出来ています。カテーテルの交換時期については主治医と相談して決めることをお勧めします。
ポイントは、赤以外のマジックを使うことです。赤色は血液と見間違いやすく、出血しているのかどうかの判断ができなくなるからです。

※記事内で紹介している方法は、あくまで体験者の対象者に合わせた実践例であり、全ての対象者の症状・状況に適しているものではなく、当社において安全性等において何ら保証するものではありません。対象者の症状、性質、身体状況などを踏まえ、実践者の自己判断で実践してください。

関連するまとめ

ケアチャネルを購読・シェア

ケアチャネルの記事を購読するには、Facebookが便利です。

この記事をあなたの友達にも教えてあげたいときは、シェアをお願いします。

  • LINEで送る

このハウツーへのコメント