• トップ>
  • 医療的ケア>
  • 呼吸器の回路を変更☆メリットとデメリットを考えて(人工呼吸器)

呼吸器の回路を変更☆メリットとデメリットを考えて(人工呼吸器)

対象者

性別
年齢 3歳
診断・症状 気管切開 呼吸器装着 胃瘻

実践者

保護者(母) 11月になってしまいました!
10月のできごとを報告します\(^o^)/

ハウツー

まず、入院中に呼吸器の回路をアクティブ(2本)からパッシブ(1本)に変えてもらえました!
利点は、移動がとても楽になること
欠点は、加湿がかかりりくいこと

痰が出しにくいせいさんにとって、加湿は非常に大きな問題。
でも、回路自体が加湿がかかりやすい物に変わったこともあり、これならいけるかも?と技師さんからのNiceアドバイス♪

あと、吸気圧の設定が高かったことも今までパッシブ(1本)に出来なかった理由。
これも、最近肺の状態もよく、以前より吸気圧の設定が下げられていたので、クリア☆

ということで、変更できることになりました(^^)
今のところ、問題なく過ごせていますが、次の入院中に評価してもらい、このままいけるかどうか…(^_^;)
ほんとに移動が楽になったので、このままでいけますように…(^^)

ケアチャネルより一言

成長や状態の変化によって機器周りの見直しは必要ですね!
医療機器も日々進歩しているので、そうした機器の情報をいかに知るかも大事です☆
あとは専門職の先生方のアドバイスも参考にしながら・・・(^^)

ひまわりのブログ~眠ったままの王子と家族の話し~

※記事内で紹介している器具・製品等は、当該器具・製品等の取扱説明書等をご覧の上、正しくお使いください。記事内で紹介している器具・製品等の使用方法を含め、記事内の方法は、あくまで体験者の実践している方法であり、当社において安全性等を何ら保証するものではありません。

関連するまとめ

ケアチャネルを購読・シェア

ケアチャネルの記事を購読するには、Facebookが便利です。

この記事をあなたの友達にも教えてあげたいときは、シェアをお願いします。

  • LINEで送る

このハウツーへのコメント