• トップ>
  • 医療的ケア>
  • 必需品の持続式吸引器☆我が家の場合の唾液吸引カテーテルの作り方(13トリソミー)

必需品の持続式吸引器☆我が家の場合の唾液吸引カテーテルの作り方(13トリソミー)

対象者

性別
年齢 15歳
診断・症状 13トリソミー
気管切開 胃瘻

実践者

保護者(母) 持続式吸引器の紹介☆

ハウツー

名前はダエキューS。
【唾液吸引のカテーテルの作り方】
唾液カテーテルの作り方(形)は色々ありますが、ハルはゴックンができず、右からも左からも、涎がでる為、試行錯誤して最終的に出来上がったのがこれ↓です(^-^)

わが家では8Frを使ってます。
先端を少し切ります。
切り取った所に瞬間接着剤を少量垂らす
(接着剤がイヤな場合は糸で縫込みます)
接着剤を使用する場合は、接着剤が乾くまで洗濯バサミ等を使って待つ
接着剤が付いてる所にテープで巻く
最後にハサミで穴をいくつか空けて出来上がり
ちなみに糸で縫うとこんな感じ
あとは口の中に入れるだけ。
穴も、切り方や、穴を開ける場所によって、口の中が不快に感じる事があります。
吸引圧は10~20位ですが、子どもが使う前に、一度親が試してみるのが良いと思います。

ケアチャネルより一言

持続吸引ってどんなもの?って方には参考になりそう。
初めて作ったり行ったりする時には、お医者さんや看護師さんにアドバイスもらうのがいいかもしれません☆
実際に自分で試してみるのもいいですね(^^)

遥の成長記録

※記事内で紹介している方法等は、あくまで体験者の実践している方法であり、当社において安全性や症状の改善・効果等を何ら保証するものではありません。お客様ご自身においてご確認の上、対象者の症状、性質、身体状況などを踏まえ、お客様の自己判断で実践してください。

関連するまとめ

ケアチャネルを購読・シェア

ケアチャネルの記事を購読するには、Facebookが便利です。

この記事をあなたの友達にも教えてあげたいときは、シェアをお願いします。

  • LINEで送る

このハウツーへのコメント