• トップ>
  • 医療的ケア>
  • 我が家の場合のリビングスペース☆医療物品・収納編(難治性てんかん)

我が家の場合のリビングスペース☆医療物品・収納編(難治性てんかん)

対象者

性別
年齢 2歳
診断・症状 難治性てんかん
胃瘻

実践者

保護者(母) IKEA大好きな我が家は息子の医療関係の物もIKEAの棚に、、、。

ハウツー

ゴチャゴチャしててすみません笑(*IKEAの回し者でもありません)

無呼吸発作があるので保険を使って在宅酸素、パルスオキシメーター、自動たん吸引機、歯磨き、胃瘻周りのガーゼやお薬、、、いちばん下はシリンジなどのストック。
ゼコゼコしやすくなるので加湿器必須!
湿度計、後はばあば特製のハンガー掛けに注入ボトルをぶら下げています。
ベッドの下にはラコールのストック箱。
我が家はこんな形で生活スペースを確保しました!

ケアチャネルより一言

パッと見てわかる方も多いかもしれませんが、またまた登場の某家具用品店(笑)
在宅ではいかに使いやすく、スペースを有効に使えるかが大事ですね☆
みなさん必要なケアや物品はそれぞれ違うので、参考にしながらアレンジできれば(^^)

ゆうのすけのWonderful Life

※記事内で紹介している方法等は、あくまで体験者の実践している方法であり、当社において安全性や症状の改善・効果等を何ら保証するものではありません。お客様ご自身においてご確認の上、対象者の症状、性質、身体状況などを踏まえ、お客様の自己判断で実践してください。

関連するまとめ

ケアチャネルを購読・シェア

ケアチャネルの記事を購読するには、Facebookが便利です。

この記事をあなたの友達にも教えてあげたいときは、シェアをお願いします。

  • LINEで送る

このハウツーへのコメント