緊急時に備えて☆物品や栄養剤の確認(ウエスト症候群)

対象者

性別
年齢 4歳
診断・症状 出血後水頭症 ウエスト症候群
胃瘻

実践者

2017/06/03 単独通園に向けて緊急時(地震など)の物品や栄養剤を3日分療育センターに置いておくように言われました(^^)
単独開始はまだまだですが、、早速用意しましたー☆

ハウツー

服薬時の紙コップ
小さいものを20個
Yガーゼ
胃ろう用
テープ
Yガーゼ固定用
カテーテルジョイント
胃ろうに直接接続
普段はチューブを使ってるので、写真を付けました!
チューブは高価ですが、これなら安価なので、使い捨てに出来るように15個(1日5回×3日分)入れました

エネーボ
まだ入れてないですが、15本入れます(1日5本×3日)
シリンジ
使い捨てにします
粉ミルク
エネーボが消化出来ない時
ソリタ水
粉ミルクも消化出来ない時
粉ミルクとソリタ水用紙コップ
写真にはありませんが、用意します

水はさすがに備蓄してあるのでしょうが、、一応
完全に女の子のバッグですが、、大きさがちょうどいいので、これに入れました(^^)

薬3日分
は常にようちゃんの通園バッグに入れておくみたいです(^_-)

備えあれば憂いなし(^^)これで安心です!

ケアチャネルより一言

一日の時間を考えると、通園先での被災もあり得ますよね。そんな緊急時に備えて前もって準備(^^)
普段の準備している方も改めて見直しを☆

重症心身障害児ようちゃんの笑顔

※記事内で紹介している方法等は、あくまで体験者の実践している方法であり、当社において安全性や症状の改善・効果等を何ら保証するものではありません。お客様ご自身においてご確認の上、対象者の症状、性質、身体状況などを踏まえ、お客様の自己判断で実践してください。

関連するまとめ

ケアチャネルを購読・シェア

ケアチャネルの記事を購読するには、Facebookが便利です。

この記事をあなたの友達にも教えてあげたいときは、シェアをお願いします。

  • LINEで送る

このハウツーへのコメント