• トップ>
  • 医療的ケア>
  • 呼吸器の変更☆おつかれさまLTVよろしくアストラル(人工呼吸器)

呼吸器の変更☆おつかれさまLTVよろしくアストラル(人工呼吸器)

対象者

性別
年齢 10歳
診断・症状 蘇生後脳症
気管切開 呼吸器装着 経鼻経管栄養

実践者

保護者(母) 約1年前から主治医より違う呼吸器に変えよう〜と言われていました。

今使用している呼吸器LTVを今後は使用しなくなるため(医療機関自体が)。すごく不便なLTV(重いし、充電はもたない)ですが娘にはとても合っていたようで体調を崩すことなく過ごすことが出来ています。
なので私は新しい機種(呼吸器)に変えることをずっーと避けていて・・・。

ですがもう逃げきれなくなり変える決心をしました(^^)

ハウツー

まず、病院のMEさんから呼吸器2種類あるけど、どっちにする??と・・・
トリロジーかアストラルという機種。
それぞれ今の呼吸器LTVよりも、軽いし、内臓バッテリーも長く、回路も二股だったのが一本になるというメリット。アストラルの方が、より軽く、内臓バッテーリーも娘の設定だとおよそ5、6時間はもつかなと。

すべての選択を私がしなければならない、命に直結する事なのにその場その場で私が決断する事に不安と疲れも出ました、、、

とりあえず仕方ないと少し開き直り、今より呼吸器自体はバージョンアップ、使いやすくなるからよしとしよう!といい聞かせ、一番新しいアストラルという機種に決めました☆☆

1週間入院し娘に合うかどうか様子見です。。
アストラルの特徴。
呼吸器と思えないぐらい静かでほんとに動いてる??って確認するほど。そして片手でもっても楽チン♪3.2キロだそうです(^ ^)
そして回路も小児用になり、細くて一本。気切部分の負担もだいぶ軽減されていると思います。

アストラルに変えた直後から心拍数が一気に跳ね上がり、、本人も身体をピクピク少ししんどそう。胸上がりがLTVの時よりも上がっていて、もしかしたら圧がきついのかな?と。ただ少しは様子みないと分からないからと可哀想でしたが、しばし様子見。2時間弱がたっても同じ状態。酸素はずっと100で心配なし。
主治医に感じた事を伝えたら圧の設定を1下げてくれて再度様子見。
しばらくしたら徐々に心拍数も下がってきてピクピクもなくなってきました。
初日の夜からいつもの娘の状態で過ごせて、その後、数回の採血の結果も良し!
予定通り、1週間で退院出来ました(^ ^)

そして、約8年間お世話になったLTVとはお別れ。
でももし、合わないようだったらとりあえず元にもどそうねと主治医も言ってくれて安心しました(^ ^)

ケアチャネルより一言

サイズも重さもスリムになってバッテリー保ちも伸びて・・・日々進化している医療機器。
今のところ変更してよかったことばかりのようです☆
そのうち手のひらサイズだったり、充電不要のものも出てきたりして(^^)

※記事内で紹介しているリメイク等は、あくまで体験者の対象者に合わせた実践例であり、全ての対象者の症状・状況に適しているものではなく、当社において安全性等において何ら保証するものではありません。対象者の症状、性質、身体状況などを踏まえ、実践者の自己判断で実践してください。

ケアチャネルを購読・シェア

ケアチャネルの記事を購読するには、Facebookが便利です。

この記事をあなたの友達にも教えてあげたいときは、シェアをお願いします。

  • LINEで送る

このハウツーへのコメント