• トップ>
  • 医療的ケア>
  • Bluetooth対応機器で体調管理☆パルスオキシメーターと体温計(脳性麻痺)

Bluetooth対応機器で体調管理☆パルスオキシメーターと体温計(脳性麻痺)

対象者

性別
年齢 14歳
診断・症状 脳性まひ てんかん

実践者

保護者(母) 昨年から在宅酸素を始めたため常にSPO2が気になりBluetooth対応のパルスオキシメーターを使い始めました。

ハウツー

Bluetooth対応のパルスオキシメーター
単4電池2個使用で我が家では充電池を利用しています。
iPadをモニターにしていつでも見えるようにしています。
また最近体温計も見つけて早速購入しました。
これはベビー用なので腕につけるベルトが足りないため、100均のヘアゴムをつけて長さを調整してみました。
こちらはボタン電池で1000時間使えるようです。

ケアチャネルより一言

かっこいい!
モニターもコードレスですっきり(^^)
サチュレーションモニターだけでなく、医療機器もどんどん進化していきますね☆

※記事内で紹介している器具・製品等は、当該器具・製品等の取扱説明書等をご覧の上、正しくお使いください。記事内で紹介している器具・製品等の使用方法を含め、記事内の方法は、あくまで体験者の実践している方法であり、当社において安全性等を何ら保証するものではありません。

関連するまとめ

ケアチャネルを購読・シェア

ケアチャネルの記事を購読するには、Facebookが便利です。

この記事をあなたの友達にも教えてあげたいときは、シェアをお願いします。

  • LINEで送る

このハウツーへのコメント