• トップ>
  • 医療的ケア>
  • 胃瘻造設前の準備しておく備品☆手術からボタンを入れるにあたって(SCN8Aてんかん性脳症)

胃瘻造設前の準備しておく備品☆手術からボタンを入れるにあたって(SCN8Aてんかん性脳症)

対象者

性別
年齢 2歳
診断・症状 SCN8A異常によるてんかん性脳症
胃瘻

実践者

保護者(母) お友達ママ達の中でも
経鼻栄養→胃瘻になる時に、実際何を用意はしたら良いのか、ボタン周りはどうやって管理するのかと良く聞かれます(^^)

と、言うことで今回まとめてみました。

うちはバルーンボタンタイプのボタンです。
ピアスの穴のように最初は小さいサイズの穴から徐々に慣らして今は18Frenchです(^^)
なぜ、わざわざ大きめのに変えたかというと今後もミキサー食を続けていきたいから詰まりにくいようにです!

ハウツー

まず、用意しておくのをお勧めする物品

左上から
・子供用サイズのYカットガーゼ(amazon購入)
・クーリングコットン(ドラッグストア)
左下
・ニチバン 和バンソウ(ドラッグストア)
・赤ちゃん綿棒(ドラッグストア)
・薬 アズノール
ゲンタマイシン(←主にこちらを使用)(処方箋)
・綿ガーゼ(ドラッグストア)
胃瘻造設手術を受けた後、すぐにボタンを入れる子もいるようですがうちは一ヶ月後にボタンを入れる事になりました。
その間は、こんな感じ。

チューブが穴からそのままぶら〜んっと(^_^;)
このチューブの先にキャップ付きの接続部があります。(写真がこれしか残っていなかった)

穴が安定するまでこれでクリーンコットンで穴の周りをきれいに拭いてあげる→綿棒でゲンタマイシンをたっぷり塗る→Yガーゼ→綿ガーゼでチューブ周りをぐるっと囲って遊びを無くしてなるべく穴を刺激しないようにする。

これを一日2回ほど繰り返して綺麗に保ってあげる。
もちろん、お風呂の時は泡で綺麗に洗ってあげます。
これで一ヶ月後にボタンを入れました。

現在
穴を作ってからは、胃液?やらジュクジュクして肉芽や多少穴が傷ついて出血してしまうこともあります(^_^;)
もちろん、肉芽など酷ければ病院で処置してもらわなければならないけど家でこまめに塗って予防。

ピアスを開けたことがある方は、分かるかと思いますがまさにあんな感じです(>_<)
うちは、緑膿菌という菌がジュクジュクと出て来ていたのでガーゼはしょっちゅう変えていました(^_^;)
最近は、液も落ち着いてきたのでYガーゼを100均マスキングテープで留めて終わり!(肌にテープが触れないので和バンソウより節約して笑)
経鼻栄養では使わなかった物品達

胃瘻ボタンに接続チューブ。
左下→栄養剤注入時のでチューブ。
右→ミキサー食などショット注入時に使うチューブ。

ミキサー食は、ボタンに変わったら始められます

うちは、今もこの備品があれば胃瘻ケアは問題なく出来ていますよ
お昼のミキサー食
小豆粥
切り干し大根
鶏と大根の煮物、、、
バナナヨーグルト

あれれ どっちも大根じゃーん(^^) 注入開始して、、、気付いたボケた母。

別にいいよー
って言ってくれている、、、と、都合よくこの笑顔を受け取ります

ケアチャネルより一言

とってもわかりやすいです!
胃瘻増設を控えている方、検討している方には勉強になりそう☆
参考にしつつお子さんに合った方法を探していければいいですね(^^)

ゆうのすけのWonderful Life

※記事内で紹介している方法等は、あくまで体験者の実践している方法であり、当社において安全性や症状の改善・効果等を何ら保証するものではありません。お客様ご自身においてご確認の上、対象者の症状、性質、身体状況などを踏まえ、お客様の自己判断で実践してください。

関連するまとめ

ケアチャネルを購読・シェア

ケアチャネルの記事を購読するには、Facebookが便利です。

この記事をあなたの友達にも教えてあげたいときは、シェアをお願いします。

  • LINEで送る

このハウツーへのコメント