• トップ>
  • 医療的ケア>
  • 息子の傷その後☆絆創膏を剥がさなくなるアイデアいろいろ(先天性白内障)

息子の傷その後☆絆創膏を剥がさなくなるアイデアいろいろ(先天性白内障)

対象者

性別
年齢 4歳
診断・症状 先天性白内障 基底核変性症
胃瘻

実践者

保護者(母) たろくんの「いつまでも治らない傷」相談させていただきました。ありがとうございました。結局膿んでしまっていました。

結果、1度ちゃんと治りました(^^)ヤッタネ‼︎

ところが、「掻く癖」がついていたため、新しく彼がつけた傷がまた良くない感じになり、もう一度同じことを繰り返さねばなりませんが。はう

様々な案を挙げていただいて(>_<)その中でうちの子に有効だったのは、、、

ハウツー

①テラコートリル、アンテベートという薬。
ステロイドです。抗生物質の効能もあって、傷も早く治してくれる薬。皮膚科で処方してもらいました。…この皮膚科、本当に怖い先生だった。ヘコんだ。

②絆創膏に絵や文字。
ばつ印を書くという案をいただき、ばつ印書いてたんですけど、初めは効果があったものの飽きてきて…絵を描いてみたんです。そしたら大当たりで。最近読め出したので文字も書くとより一層の効果がありました。
こんな簡単なので大喜び。子供って単純♡
これいっぱい書いて、園にも持参…

③言い聞かせ。
何度もなんども言い聞かせたら、相当お腹空いたり眠たい時以外は、キッチンから「優しくトントンよ」と言うと剥がそうとしてても一旦止まるように。「一旦」ですが、時間稼ぎが有効に。

④テープでぐるぐる巻き。
包帯という案から、もうその域だなと思って。包帯は白いから取ってしまうので(たろにとっての「絆創膏」は茶色というこだわり。白いテープも不可)茶色のテープで固定しました。
これ蒸れるので、絆創膏の下に滅菌ガーゼ挟みました。
薬ヌリヌリ→ガーゼ→絵付き絆創膏→テープ
です。

写真がない〜
これ昨日の散髪時。右手チラッと映ってるけど。
これは白いテープだからすぐ取っちゃうやつ。なぜか茶色のテープは剥がないの。助かった〜
これは「✖️」印。病院で剥いでしまったので応急処置。

リハビリの先生に相談してみたら、やはり自閉っ子はなかなか傷が治らないと。
それじゃなくてもよく男の子は掻きこわしてとびひ?とかになってしまうみたいです。
痛がりの私からすると信じられん…小傷でもヒーヒー言うのに。

と言うことで、何とかなるかもです!本当にありがとうございました(^^)いつも助けてくださってありがとう♡わーい♡
最近のたろすけ。
パパに教えてもらった悪い遊び「壁シール貼り」
買い物から帰ってきてびっくり。

パパも「たろくんすごいのっ!」
とかニコニコ報告してくるから注意できず…
ぴの「そうなん、すごいねぇ…」

寝室が大好きになって、園から帰ってきても大好きな「おかあさんといっしょ」も見ず高速ハイハイ。絵本読んでても、なんかハッと思い出して高速ハイハイ。ふふ

膝立ちもできるし、まあいっか…と今日ぴのはシールを大量購入して帰ります。

ケアチャネルより一言

新しいお友だちのたろくん(^^)
ついつい剥がしてしまう絆創膏も、意外とシンプルな方法が効果的だったり、いろいろな工夫でなんとかなるものですね☆
嬉しがって剥がしてしまう、ってパターンもありそうですけど(笑)

寝たきりになっちゃうの?〜もぐ太朗の基底核変性症・先天性白内障闘病記〜

※記事内で紹介している方法等は、あくまで体験者の実践している方法であり、当社において安全性や症状の改善・効果等を何ら保証するものではありません。お客様ご自身においてご確認の上、対象者の症状、性質、身体状況などを踏まえ、お客様の自己判断で実践してください。

ケアチャネルを購読・シェア

ケアチャネルの記事を購読するには、Facebookが便利です。

この記事をあなたの友達にも教えてあげたいときは、シェアをお願いします。

  • LINEで送る

このハウツーへのコメント