• トップ>
  • 医療的ケア>
  • 胃ろう後のいろいろ1 ☆食事・逆流・椅子・パッドについて(気管切開)

胃ろう後のいろいろ1 ☆食事・逆流・椅子・パッドについて(気管切開)

対象者

性別
年齢 6歳
診断・症状 気管切開 胃瘻

実践者

保護者(母) 胃ろう+噴門形成(逆流防止)術の手術を受けた後のいろいろを記しておこうと思います

※手術を受けたのは、今年の6月中旬なので、術後約3~4ヶ月の記録です。

ハウツー

①食事のこと

注入できる食事のバリエーションは圧倒的に増えました

普通のご飯にちょっと水分(ほとんどスープやお味噌汁でOK)を足して
ハンドブレンダーでガーッとするだけで
大抵のものは胃ろうチューブを通ってくれます。
胃残がなくなり、消化のスピードも速くなった気がします。


ある日のミキサー食の一部。

野菜炒め・具だくさんスープ・フルーツ。
トロミは全くつけていません。

野菜炒めはお肉が多かったからか、ブレンダーしたらやたら黄色くなりました。
また、スープはパセリがたっぷりだったのでチューブにいっぱいくっつきました(笑)。

ブレンダーすると色がガラッと変わる料理も多く、実験みたいで面白いです。

ふたばが8FrのNGチューブを使っていた時もミキサー食をしていましたが
細くてすぐに詰まるので、毎回かなりの量を加水していました。
胃ろうにしてからは加える水分の量がぐっと減らせるようになりました。


②逆流のこと

ひどい逆流があるふたばですが、
胃ろう+噴門形成術の前も、吐くことがほとんどありませんでした。
たまに、口からタラッと、注入したばかりのエンシュアがこぼれてくるくらいでした。
なので、手術後に逆流が明らかに減った・なくなったのかは
分からないのですが…

先日受けた歯科健診で、
逆流が多かったときは、奥歯の方がいつもモヤモヤと汚れていたけれど
今はとてもスッキリきれいになったと言われました☆

ちょっといい変化だと思います!
逆流の評価については、今後、1年スパンくらいで考えていこうと思っています。

一番の心配事として、
噴門形成後、げっぷが出にくくなるため
呑気症(空気を無意識に大量に飲み込んでしまう)のひどいふたばは
お腹の張りがひどくなり不快感が強くなるのでは、と
医師から伝えられていましたが
現時点ではそういうこともあまりないようです(˘_˘)
定期的に浣腸をして、お腹が張らないように気をつけているのも良いようです。
③椅子のこと

保育園で使っている座位保持椅子があるのですが
胃ろう後、胸ベルトが胃ろう部分に当たっていると、保育士の先生が気づいてくださり、
夏の間に、義肢会社さんに修理をお願いしました。

こんな感じに、胃ろうに当たる部分だけをカットしてもらったのです。

嬉しい~~(♡ᴗ♡)
④パッドのこと

胃ろう部分の保護をしてくれる胃ろうパッドを、
7月くらいから使っています。

家に余っていたダブルガーゼやシーチング生地で作りました。
裁縫の腕もセンスもないのでかなり適当ですが…
1枚これを挟んでいると胃ろう部分が擦れるのを防げます。
プールや診察などでお腹を出したときに、可愛いと言ってもらえるのも嬉しいです♡

(Yガーゼは使い捨てだし衛生的で良いそうなので、荒れている時には胃ろうパッドではなくYガーゼを使ったりもしています)

術後3ヶ月後に、一度だけ大きな肉芽ができて出血してしまったのですが
硝酸銀で処置してもらってからは、きれいな状態です☆
(また、胃ろう注入用に肌着を少しリメイクしています)

ケアチャネルより一言

いまのところ胃ろうにしていい変化ばかりですね☆
胃ろうにすると、どういった点に気をつけないといけないかも書いてくれているので、もしかしたらゆくゆく胃ろうにするかもと考えている方にも参考になるかも(^^)

ちいさなふたば

※記事内で紹介している方法等は、あくまで体験者の実践している方法であり、当社において安全性や症状の改善・効果等を何ら保証するものではありません。お客様ご自身においてご確認の上、対象者の症状、性質、身体状況などを踏まえ、お客様の自己判断で実践してください。

関連するまとめ

ケアチャネルを購読・シェア

ケアチャネルの記事を購読するには、Facebookが便利です。

この記事をあなたの友達にも教えてあげたいときは、シェアをお願いします。

  • LINEで送る

このハウツーへのコメント