• トップ>
  • 医療的ケア>
  • パワースマイル吸引器☆シリコンオリーブ管で鼻水もスッキリ(気管切開)

パワースマイル吸引器☆シリコンオリーブ管で鼻水もスッキリ(気管切開)

対象者

性別
年齢 3歳
診断・症状 気管切開

実践者

保護者(母) 赤ちゃんの鼻水吸引器で一番有名なのが「ママ鼻水トッテ」ですよね。

お兄ちゃんが小さい頃に持っていましたが暴れてうまく吸引できなかった記憶があります。

娘の鼻水が出たときには、ガーゼなどで拭き取っていましたが、肌が弱いのであっという間に鼻下が赤くカサカサになってしまいました。

そこで、シリコンオリーブ管を購入してパワースマイル吸引器で鼻水も吸引することにしました。

気管切開の娘にとって痰の吸引で必要不可欠なパワースマイル吸引器ですが、鼻風邪のとき、シリコンオリーブ管を使って、鼻水を吸うのも大活躍です!

ハウツー

娘は、極小サイズのシリコンオリーブ管を使っています。

パワースマイルで鼻水を吸引したとき、最初は、大泣きで暴れていましたが、繰り返し吸引するうちに、痛くないし、何よりも鼻水が取れてスッキリする!と分かったようで、今は自分から「ママ〜、鼻水取って〜」と私を呼び、吸引器の前でスタンバイしています(笑)

ズズッとスッキリ鼻水が吸引できるので、吸引してる私も達成感があり、痰の吸引のときは、クールな私も鼻水の吸引のときは、娘に呼ばれると「はいは〜い♪」とテンション高めに吸引しています(#^.^#)

パワースマイル吸引器の鼻水の吸引力はホントにスゴイ!

これは、お兄ちゃんが小さいときにも使いたかったなー。
通常の痰の吸引時の、吸引器まわりはこんな感じですが…
吸引器まわりの工夫についての記事で詳しく紹介しています。
鼻風邪で鼻水を吸引するときは、この4点が加わります。

・鼻用の通水用ペットボトル
・クリップ
・シリコンオリーブ管
・ケース
シリコンオリーブ管の入ったケースをIKEAのvarieraボックスにクリップで挟みます。
鼻用の通水用ペットボトルをセットして、完成!

通水用ペットボトルは、衛生面から気管用と鼻用で分けています。

飲み口が白く、ワンプッシュキャップを付けたペットボトルが気管用で、飲み口が透明なペットボトルが鼻用です。
鼻用の通水用ペットボトルにも気管用と同じワンプッシュキャップを付けたかったのですが、ホースとオリーブ管をつなぐ接続コネクタが入らないんです〜

中で引っかかり、ここまで↑しか入りません。

なので、フタなしで使っています。
鼻用だからそんなに神経質にならなくて大丈夫かなーと。
(訪問看護師さんにも確認済みです。)
鼻水を吸引するときは、カテーテルを外してシリコンオリーブ管に付け替え、鼻水を吸引します。
鼻水吸引後は、シリコンオリーブ管をアルコール綿で拭き取り、鼻用の通水用ペットボトルの水で流し込んで、最後にシリコンオリーブ管を洗浄して終了。

そして、止むを得ず、鼻水が多くても外出しなければならないとき、鼻用の通水用ペットボトルとシリコンオリーブ管を持ち歩くときのひと工夫を紹介します(*^^*)
うちにあった、ボールチェーンと歯ブラシカバーを使いました。

歯ブラシカバーの穴にボールチェーンを通します。
これを鼻用の通水用ペットボトルに引っかけます。

シリコンオリーブ管の極小サイズが、歯ブラシカバーにぴったり!

持ち歩くときに、こんな感じでワンセットにしておくと小さくて紛失しそうなシリコンオリーブ管の扱いも安心です。

今年は、鼻風邪が多い娘ですが、パワースマイルのおかげで鼻水がスッキリ。
とても助かっています(*´∇`*)/

ケアチャネルより一言

もちろん注意は必要ですが、なるほどといった感じの工夫がたくさん☆
シリコンノズルはお子さんの場合はやっぱり馴染みやすいようですね。

An's 日和

※記事内で紹介している方法等は、あくまで体験者の実践している方法であり、当社において安全性や症状の改善・効果等を何ら保証するものではありません。お客様ご自身においてご確認の上、対象者の症状、性質、身体状況などを踏まえ、お客様の自己判断で実践してください。

関連するまとめ

ケアチャネルを購読・シェア

ケアチャネルの記事を購読するには、Facebookが便利です。

この記事をあなたの友達にも教えてあげたいときは、シェアをお願いします。

  • LINEで送る

このハウツーへのコメント