• トップ>
  • 医療的ケア>
  • 胃ろう抜去緊急対応とバルーンタイプの仕組み☆病院で抜けたときの対応の確認(SCN8Aてんかん性脳症)

胃ろう抜去緊急対応とバルーンタイプの仕組み☆病院で抜けたときの対応の確認(SCN8Aてんかん性脳症)

対象者

性別
年齢 3歳
診断・症状 SCN8A異常によるてんかん性脳症 レノックス・ガストー症候群
胃瘻

実践者

保護者(母) 胃ろうボタンを抜いちゃった!
恐怖の胃ろうボタン抜去事件より早二週間。

今日は小児外科へ新しい胃ろうボタン交換に行って来ました!

ハウツー

ふぅ、、、ちょっと時間待ちだったぜ〜。
待ってる間は母ちゃんに脚をモミモミマッサージしてもらったぜ(*˘~˘*)


ふむ。 まぁ、良かろう(*˘~˘*)

あなたの下膨れですから♡
(ライオンキングネタ)

改めて抜けた時の対応を確認し、先生に見守ってもらいながら緊急時胃ろう穴をどう処置するかを予行練習をさせてもらいました(;☉∀☉;)


先生曰く↓↓

抜けたらすぐに胃ろうボタンを突っ込んで!
バルーンは膨らませずに上からサージカルテープやガーゼで固定して病院に来て!というお話でした。


もし、ボタンが床に落ちたりして汚れた場合は水道水で軽く流してから入れてOKとの事。
(洗剤とかは使わなくていいそうです)

ちなみに穴に入れる時に水で濡らしてからの方が入れやすい、、、そうです。

ゆうのすけの胃ろう穴に何度かボタンを抜きさしさせてもらって、、、ハラハラでした。
テンパった母、、、先生に

間違えて違う穴に入ったらどうしよう!?
(;☉∀☉;)(;☉∀☉;)(;☉∀☉;)(;☉∀☉;)(;☉∀☉;)


と、言った瞬間、、、
看護師さんから


入らんわ!!笑笑
Σ(,ºωº,)Σ(,ºωº,)Σ(,ºωº,)

と、総ツッコミ喰らいました。

ち、ちがう!!
そういう意味、、、じゃなくてーーー(゚o゚;;

また、、、アホが出る母(;☉∀☉;)


言葉が見つからなくて、、、笑笑

だって、、、ピアスホールみたいに穴の中が歪んじゃうとピアス入らなかったりする、、、それですよそれ!
それが言いたかったんですよーー笑

どうやら皮膚側と胃内側はオペの時にがっつり縫い付けてあるから変な方向に刺さったりはあり得ないみたいです。

なんだ〜
早く言ってよん♡
(いやいや、オペした時に確認しておこうよ自分。)
母、想像だけで怖がってたよ〜(*´∇`*)笑
分かる人いるかな、、、この気持ち笑
また今度な(♡v♡)
MY SWEETフィッシュ達 >* ))))> >* ))))> >* ))))><

と、いう事でバルーンタイプの胃ろうボタンって実際どんな仕組み?これからオペ予定の方の為に!

ゆうのすけの抜きたて破棄の胃ろうボタンもらってきました!(*’-‘)b
差し込む前のバルーンタイプの胃ろうボタンです!

この横の5mlと書いてある突起のところにシリンジを刺します。
水5mlを一週間ごとに交換します。
ここで注意点!!


水を抜いた時はボタンから手を離さない事!
スルッと押し出てきちゃいます。
これは使用後の胃ろうボタンなので水の入るシリコンバルーンの所がちょっと伸びてます。
(写真ではわかりにくいけど)

新品は伸びていません。
胃の中に入っている間にシリコンバルーンから水が少しづつ滲み出ていくので減る、、、らしい。
なので定期的に5mlをキープしてあげましょう。


そしてこんな話も。
なかには胃酸でシリコンが溶けて割れちゃうパターンの人もいるそうな、、、びっくり!!

今のところ胃酸で溶けないシリコンバルーンはないそうですが
とあるメーカーが開発中で年内に発売されるかもしれないって言っていました(∂◡≦)
凄いな〜☆☆☆
それでは水をいれてみます

こんな感じで胃の中で膨らんでストッパーになります。

水を入れたシリコン部分、、、触ってみると
ちょっと硬めのグミみたいでした笑

以上、胃ろうボタンバルーンタイプの説明でした☆
今日のおまけ

夕食後に今週の通園のお弁当を作りました

チキンカツとじ丼とキャベ千サラダと味噌汁

ケアチャネルより一言

想定外の事が起こるのがお家生活(^_^;)
出来れば起こって欲しくないですが、もしもの時の緊急対応のシュミレーションと準備が大切です☆
これで安心して美味しいご飯が食べれるね!

ゆうのすけのWonderful Life

※記事内で紹介している器具・製品等は、当該器具・製品等の取扱説明書等をご覧の上、正しくお使いください。記事内で紹介している器具・製品等の使用方法を含め、記事内の方法は、あくまで体験者の実践している方法であり、当社において安全性や症状の改善・効果等を何ら保証するものではありません。実際に実践される場合には、当該対象者に対して実践可能な方法かどうかなどについて、医師等の専門家にご相談の上、かかる専門家の指導の下、実践してください。

関連するまとめ

ケアチャネルを購読・シェア

ケアチャネルの記事を購読するには、Facebookが便利です。

この記事をあなたの友達にも教えてあげたいときは、シェアをお願いします。

  • LINEで送る

このハウツーへのコメント