バクロフェン・トライアル☆第1ステップクリア(脳性麻痺)

対象者

性別
年齢 5歳
診断・症状 脳性麻痺
気管切開

実践者

保護者(母) 8月14日、こども病院にてバクロフェン・トライアルをしていただきました。

ハウツー

朝、8時までに朝食を終え、10時に処置室へ。ルートよりドルミカム4mgで鎮静。
そのまま骨髄穿刺で髄液を1CC抜き、代わりにバクロフェンを0.5CC注入。
20分ほどで戻ってきました。
ずっと目は空いていたようですが、動かず上手にできたそうです。

最初の1〜2時間は、鎮静もかかってはいたものの意識はあり。
戻って来た時からニマニマとご機嫌でした(笑)
そこから段々と鎮静が切れ、バクロフェンの効果が見えるように。
平均して8時間〜10時間ほど効果が残るらしく、半日を通して動画を撮りながら診察をしたり、様子を観察したりしました。

結果、つーさんはバクロフェンの適正があるとのこと。
ポンプ導入の対象になり、明日木曜日に予定通り脳神経外科にてオペの話を詳しくお伺いすることになりました(*‾◡‾*)

処置3時間後くらいが一番楽そうで、
「楽チン?」と聞くと、
久々のつーさんスマイルでニコーーっと笑っていました☆☆

お腹が空いて泣いている時(右下)も、力の入り方がいつもと違いました。

オペのリスクなども踏まえてぱぱと退院後もう一度話し合いをする予定ですが、おそらくポンプ導入になると思います。
とりあえず、第1ステップをクリアした気持ちです(◕ᴗ◕)

ケアチャネルより一言

どのような選択をしていけばいいかは、状況や方法の種類によってさまざまな判断が迫られますが、やっぱりドクターの先生の説明がしっかりしていると安心できますよね(^^)

つきのあかり〜494g生まれの脳性麻痺っ子奮闘記〜

※記事内で紹介している器具・製品等は、当該器具・製品等の取扱説明書等をご覧の上、正しくお使いください。記事内で紹介している器具・製品等の使用方法を含め、記事内の方法は、あくまで体験者の実践している方法であり、当社において安全性や症状の改善・効果等を何ら保証するものではありません。実際に実践される場合には、当該対象者に対して実践可能な方法かどうかなどについて、医師等の専門家にご相談の上、かかる専門家の指導の下、実践してください。

ケアチャネルを購読・シェア

ケアチャネルの記事を購読するには、Facebookが便利です。

この記事をあなたの友達にも教えてあげたいときは、シェアをお願いします。

  • LINEで送る

このハウツーへのコメント