チビさんの工夫いろいろ☆カニューレホルダー(低酸素脳症)

対象者

性別
年齢 2歳
診断・症状 低酸素脳症
呼吸器装着(人口鼻併用)脳性麻痺

実践者

保護者(母) チビさんのお肌はとってもセンシティブ〜

ハウツー

市販のカニューレホルダーはどれも相性が悪いようで、カニューレの羽の部分から首の横にかけてただれてしまう(◞‸◟)(結果カニューレとも相性悪かった)

首とホルダーの間にエアリズムを挟んだり、"エスアイエイド"というクッション材の様なシートを処方してもらったりしたけど全然良くならない(TдT)

訪問看護師さんから別の方の受け持ちのお子さんで、やはり首のタダレが酷い子がいて、その子は吸引チューブをホルダー代わりに使って良くなったと教えてもらった。
ブラジャーや水泳のゴーグルの長さ調節するパーツを使って吸引チューブでカニューレを留める方法。
最初は、ズレて取れちゃいそうだな…と不安で踏み切れなかったけど、全くよくならないチビさんの首を見て、往診の先生からも同じ方法を提案されて2人から進められるならと半信半疑でやってみた。

すると、どうでしょう(,ºΔº,)
半年近く何をやっても良くならなかった首があっという間に綺麗に☆☆
しかも、濡れても大丈夫なので入浴時に首の後ろがガッツリ洗えるし、その後のケアもバンドを外さず出来るからとっても安心&楽チン(∂◡≦)
元々動きの少ないチビさんだから、1人でケアも可能なんだけど、ホルダー外すと首をグンって動かした時にカニューレが抜けないとも限らない。
でも、この方法だとホルダーは外さずにケアが可能なので、より安心してしっかりケアが出来る(*‾◡‾*)
吸引チューブだと皮膚への接触範囲が最小限に抑えられるのか、ホルダーで覆ってしまうより通気性が良いからなのかわからないけど、とりあえずチビさんには効果絶大でした(∂◡≦)

吸引チューブは2週間に1度の往診時にカニューレ交換と同じタイミングで交換。
もちろん新しい吸引チューブを使用。
ホースとの接続部分をチョッキン✂︎
留め具は100円ショップで購入

最初に両端からチューブの5センチ位の位置に留め具を通しておき、首の後ろにセットします。
左右のカニューレの羽の穴にそれぞれ通したら、また留め具に戻し通して完了。
擦れ予防も兼ねてアズノールとかベッタリ塗りますが、これまで緩んだりしたこと無いです。

ちょっと分かりづらいかな…
肉が食い込んでる(;☉д☉;)


余談ですが、少し前にレスパイト利用した際は、前例がないという事で、予備で持参していた市販のホルダーに付け替えられました。
もちろんそう言われるのは覚悟してたので、家に帰ってから戻せばいいやと思っていたけど、ホルダーにした途端にただれ悪化。
やっと綺麗になったのに3日で逆戻り( ꒪⌓ ꒪)
お家に帰って急いでチューブに戻して1週間程で綺麗になりました。
上記の経緯を往診の先生に伝えたところ、次回レスパイト利用時は一筆書いてくださると仰っていたので、今後は家と同じ方法で対応してもらえると良いなぁ

ケアチャネルより一言

首回り、ただれやすいですよね(^^;)
カニューレあるあるですが、みなさんいろいろな工夫をされてますね☆
ケアがしやすく皮膚へのダメージも軽減されるのは魅力的(^^)

meguのブログ

※記事内で紹介している作製方法・作製物等は、あくまで実践者の対象者に合わせた実践例であり、全ての対象者の症状・状況に適しているものではなく、お客様が作製された物を含め、当社において安全性等において何ら保証するものではありません。実践される場合には、利用する製品の強度・使用方法等をお客様ご自身でご確認の上、対象者の症状、性質、身体状況などを踏まえ、お客様の自己判断で実践してください。

ケアチャネルを購読・シェア

ケアチャネルの記事を購読するには、Facebookが便利です。

この記事をあなたの友達にも教えてあげたいときは、シェアをお願いします。

  • LINEで送る

このハウツーへのコメント