• トップ>
  • 医療的ケア>
  • ネルコア ポータブルSpO2モニター☆電池の持ちが変わる設定変更(低酸素脳症)

ネルコア ポータブルSpO2モニター☆電池の持ちが変わる設定変更(低酸素脳症)

対象者

性別
年齢 2歳
診断・症状 低酸素脳症
呼吸器装着(人口鼻併用)脳性麻痺

実践者

保護者(母) チビちゃんのSpO2モニターはネルコアのN-BSJを使用しています。移動用には補助を受けてポータブルを購入しました。

ハウツー

このポータブル機器は初期設定ではリチウムイオン電池仕様となっていて、購入時にリチウムイオン電池(エナジャイザー)が同梱されています。

購入直後は入院中だったので、沐浴時くらいしか使っていなかったからか、同梱の電池で1ヶ月以上使用できたのだけど、退院後に電池が切れたもののリチウムイオン電池の入手が難しく、ひとまずアルカリ電池で対応してました。
が…電池の持ちがすこぶる悪い。新しい電池を入れても数分で残量メモリが減っていく…( д) ゚ ゚

これじゃ予備電池いくら持ち歩いてもキリがない…何か策はないかとネットで検索しても、なかなかこれというものがヒットしない。
とある日、ある方のブログでサービスセンターへ電話したらアルカリ電池対応に変えてもらったという記事を見つけ、早速サポートへ電話。

本体送付して…など結構手間かな?と思っていたら、な、なんと本体で設定変更出来た(,ºΔº,)
サポートの方の指示に従って設定をアルカリ電池仕様に変更し、電池はエネループのハイエンドモデルを購入。

ちなみに、エボルタは瞬発的にパワーが必要な時に、持続性重視ならエネループが良いそうです。(電気屋さん談)

これで半日は楽勝で持ちます!安心して外出できます(∂◡≦)
念のため予備電池4本も購入して、万が一の時にも入れ替えで丸1日外出でも余裕のよっちゃん(あ、年がバレる(;☉∀☉;))

初期投資はちょっとかかるけど、長い目で見ればそこまでではないかなと思ってます。

ケアチャネルより一言

旧式のネルコアのモニターに比べて画面も大きくそして数字もカラフル、とても見やすくなっているようです(^^)
その分電池の減りも多いのが少し難点ですが、アルカリの電池が使用できるというのはお出かけも便利になりますね☆

meguのブログ

※記事内で紹介している器具・製品等は、当該器具・製品等の取扱説明書等をご覧の上、正しくお使いください。記事内で紹介している器具・製品等の使用方法を含め、記事内の方法は、あくまで体験者の実践している方法であり、当社において安全性等を何ら保証するものではありません。

関連するまとめ

ケアチャネルを購読・シェア

ケアチャネルの記事を購読するには、Facebookが便利です。

この記事をあなたの友達にも教えてあげたいときは、シェアをお願いします。

  • LINEで送る

このハウツーへのコメント