• トップ>
  • 医療的ケア>
  • スピーチカニューレとバルブをお試し☆試してみての感想と説明(脳性麻痺)

スピーチカニューレとバルブをお試し☆試してみての感想と説明(脳性麻痺)

対象者

性別
年齢 6歳
診断・症状 脳性麻痺
気管切開 呼吸器装着(人工鼻併用) 胃瘻

実践者

保護者(母) 前回の耳鼻科受診にて、呼吸器の時よりも人工鼻時に吸引が増える事(たぶん人工鼻だと圧がなくなり唾液の垂れ込みが増える)、バルブで圧がかかり、吸引が減ったお友達が居る事等を伝えて、バルブを試したい事を伝えました!

耳鼻科的には、バルブでは圧はかからない、バルブだからと言って、それは変わらないと思うとの事(꒪д꒪)lli|

それでも試してみたいとお願いすると、声を出したいと言う事ならやってみても良いとの事で、それでお願いしました☆

ただし、バルブの時はスピーチカニューレ、呼吸器の時は今までのカニューレで、毎回入れ替えと言われました(; ºдº ;)

そんな事してたら、デイや単独通園では使えないと思いつつ、うまくいったら交渉するつもりでした~~

そして今回のレスパイト入院中に、スピーチカニューレ&スピーキングバルブのお試しをしてきました☆☆

ハウツー

入院翌日、ファイバーで中を見て問題ない事を確認して、スピーチカニューレに入れ替え。娘たん爆睡中だった為、バルブは試さずそのまま呼吸器へ☆☆(そのままスピーチカニューレに呼吸器が繋がるのが分かったので、入れ替えなしをお願いしました)

翌日、私が居ない午前中に15分程バルブを試して問題がなかったとの事で、私面会中にもお試し♪♪

若干呼吸の仕方がいつもと違う感じはするものの、サチュレーション・心拍共に問題なく、30分で寝ちゃったので終了♡♡(バルブには加湿機能が無い為、起きてる時限定)

2日目も同じ感じで、30分で寝ちゃって終了しましたが、思ってたよりも苦しくもなさそうだし、吸引も増えなくて使えそうだなと思った矢先・・・〜〜

主治医より、今までこの病院で呼吸器の子がバルブを試したことはない。スピーチカニューレは、リークが増えるので、あまりお勧めしないとの事( º⌓º;)(リークが増えると言っても、思ったよりも増えてはなかったし、呼吸器的にも問題はなかったのに。だから毎回カニューレ毎の入れ替えって言ったのね(‾∇‾;))

それなら細いカニューレにバルブをと提案したら、本来の使い方から反するから、もっての外との事(꒪д꒪)lli|

他の病院では、やってる子が何人もいるのに、って食い下がったら、他の病院に話を聞きに行きたいなら紹介状を書きますよーですって(^◡^;)

結果、スピーチカニューレで2日間で肉芽が出来始めていて、娘たんには使えなかった。゚(゚^∇^゚)゚。

気切っ子の会LINEで相談したら、気管支鏡の有名な先生を教えて頂き、紹介状をお願いしました☆☆(ファイバー等もやってもらってた前主治医のお師匠さんでした。有名な先生の許可が貰えれば、この病院でも呼吸器とバルブの併用が出来るようになるのかしら)

メインのこの病院では、気切孔閉鎖に向けてる子や、ある程度人工鼻で離脱時間が増えないとバルブ移行はしないと言われちゃったので、人工鼻では垂れ込みが増え離脱時間が増えない娘たんでは、いつまで経っても呼吸器離脱のメドがつかないとモヤモヤしてました〜〜

気切っ子の会で色々アドバイスを頂け、有名な先生に診て頂けそうなので、逆に良かったのかも♪♪♪

ギリギリ年内に予約を取れたので、新たな一歩になると期待です(*^◡^*)♡♡

スピーチカニューレとは、上に穴が開いていて空気が上に抜けるようになっています。

一方弁のスピーキングバルブを付ける事によって、気切孔から吸って、口から吐きます。

口の方に空気が上がる事によって、空気が声帯を通り声を出せるようになります。

上に空気が抜ける事によって、呼気に陽圧がかかるので、娘たんの場合は、唾液の垂れ込み防止を期待しています。

細いカニューレは、この穴の代わりに横からリークで上に空気が抜けるようにします。
↑私の解釈なので、間違ってるかもしれません。

ケアチャネルより一言

スピーチカニューレって何?って方からすでに使っている方までいると思います☆
今導入するかはともかく、一つの選択肢として知っておくことも必要ですね(^^)

かいらなの在宅生活♡重心児との日常&工夫

※記事内で紹介している器具・製品等は、当該器具・製品等の取扱説明書等をご覧の上、正しくお使いください。記事内で紹介している器具・製品等の使用方法を含め、記事内の方法は、あくまで体験者の実践している方法であり、当社において安全性や症状の改善・効果等を何ら保証するものではありません。実際に実践される場合には、当該対象者に対して実践可能な方法かどうかなどについて、医師等の専門家にご相談の上、かかる専門家の指導の下、実践してください。

ケアチャネルを購読・シェア

ケアチャネルの記事を購読するには、Facebookが便利です。

この記事をあなたの友達にも教えてあげたいときは、シェアをお願いします。

  • LINEで送る

このハウツーへのコメント