• トップ>
  • 医療的ケア>
  • ベベキュアきました☆手持ちの吸引器との比較(脊髄性筋萎縮症)

ベベキュアきました☆手持ちの吸引器との比較(脊髄性筋萎縮症)

対象者

性別
年齢 6歳
診断・症状 脊髄性筋萎縮症
気管切開 呼吸器装着 胃瘻

実践者

保護者(母) けんたんたんは来月、1年10か月ぶりに「もみじの家」にお泊りします。

正確にいうと、昨年の夏祭りには参加したので、行くのは1年ぶりくらい。

キャンセル待ちの1泊2日しかとれなかったので、私も付き添いですが。
もみじの家の看板マネージャーといえば、元NHKアナウンサーの内多さん。

さっきEテレの「あしたも晴れ!人生レシピ」という番組に出演されていました。
今日はけんたんたん昼寝中に、彼の最新著書『「医療的ケア」の必要な子どもたち』を一気に読了!
あの優しい笑顔の裏でめちゃくちゃ奮闘されてきた様子、そしてもみじの家のスタッフ側の動きも詳しく知ることができて、来月は前回とは違う心持ちで伺うことになりそうです。(←良い意味でね)

さて本題。

ちまたで噂の超かわいい吸引機「ベベキュア」が、我が家にやってきました!

新色は予約販売だったので、1か月待ちましたけど、待ったかいがあったかも~~

ハウツー

まず、手持ちの「おもいやり」(左)と比較。

ベベキュアは袋がなく、上の濃いグレーの部分がフタです。
それぞれ袋とフタをとると、こんな感じ。

※ベベキュアはフタの中にホースを収納する形なので、上の写真はホースをセットしたところです。
横から見ると奥行きは同じくらい。

コンパクトだし、軽いし、吸引力は十分だし、とても吸引機には見えない外観♡

緑の取っ手を腕にかければ、まるでハンドバッグですよ、奥さん!

明日から早速、お出かけの時に使ってみます。
おまけ。

一昨日の朝、けんたんたんのベッドの下に潜んでいた可愛いヤツ。
まだ赤ちゃん。
可愛くて飼育したかったけど、生き餌しか食べないってのがちょっとなぁ。。。
なので、けんたんたんとじっくり観察した後、ベランダに放ちました。

ケアチャネルより一言

大人気のべべキュア。どの吸引器と比較しても小さく、コンパクト、そしておしゃれです☆
見た目は大事、お出かけが楽しみになりますね(^^)

けんたんたんとパパとママ

※記事内で紹介している器具・製品等は、当該器具・製品等の取扱説明書等をご覧の上、正しくお使いください。記事内で紹介している器具・製品等の使用方法を含め、記事内の方法は、あくまで体験者の実践している方法であり、当社において安全性等を何ら保証するものではありません。

ケアチャネルを購読・シェア

ケアチャネルの記事を購読するには、Facebookが便利です。

この記事をあなたの友達にも教えてあげたいときは、シェアをお願いします。

  • LINEで送る

このハウツーへのコメント