• トップ>
  • 医療的ケア>
  • お風呂場にもベッドサイドにも☆吸引器を楽々移動する方法(多発小奇形)

お風呂場にもベッドサイドにも☆吸引器を楽々移動する方法(多発小奇形)

医療的ケア

対象者

性別
年齢 3歳
診断・症状 多発小奇形 気管切開のため適宜吸引が必要です。

実践者

保護者(母) 生活の中でのいろんな場面で吸引が必要なため、お風呂場やベッド周りなど様々な場所に吸引器を移動させる方法はないかなと考えました。いろんな場面でもスムーズに吸引ができるようになりましたので紹介します。

ハウツー

①吸引器と吸引に必要な物品を3段式棚に収納しています。
②キャスターが付いており、家の中のどこへでも移動できます。
③上の段には吸引器と吸引に使うものを入れています。
④3段式棚の下の段には、オムツやスキンローションなどのケア用品を入れています。
⑤1枚目の写真にあるように、3段式棚の右側に棒を取り付けています、。点滴スタンドのように経管栄養のミルクボトルを引っかけたり、吸引カテーテルを引っかけておいたりしています。
⑥S字フックと吸引チューブに取り付けたリングを輪ゴムで繋げておくと、それぞれを引っ掛ける手間がはぶけてスムーズに吸引の動作が行いやすくなります。
⑦スイッチ式の延長コードを使って吸引器の電源の切り替えをしています。コードがあることで色々な姿勢でもスイッチの切り替えができ、吸引の一連の動作がスムーズかつミス無く実施できるようになりました。ちょっとしたことが大変楽に行えます。

コツ・ポイント

自分なりに課題を見つけ試行錯誤を繰り返して、今の方法になりました。ホームセンターには色々な商品があるので、自分のアイデアをもとにお気に入りのグッズや方法を見つけるのも楽しめます。

※記事内で紹介している器具・製品等は、当該器具・製品等の取扱説明書等をご覧の上、正しくお使いください。記事内で紹介している器具・製品等の使用方法を含め、記事内の方法は、あくまで体験者の実践している方法であり、当社において安全性等を何ら保証するものではありません。また、お客様がお使いの他の製品・機械・器具等に対応していることを当社において保証するものではありません。記事内で紹介した器具を実際に使用される場合は、お客様各自において、機械・器具の配線・引っ掛かり等も含めて安全性等に十分にご注意の上、ご使用・実践ください。

関連するまとめ

ケアチャネルを購読・シェア

ケアチャネルの記事を購読するには、Facebookが便利です。

この記事をあなたの友達にも教えてあげたいときは、シェアをお願いします。

  • LINEで送る

このハウツーへのコメント