• トップ>
  • 医療的ケア>
  • もしもの時の準備☆ママじゃなくてもミスなく安心してお薬を管理する方法(ウエスト症候群)

もしもの時の準備☆ママじゃなくてもミスなく安心してお薬を管理する方法(ウエスト症候群)

対象者

性別
年齢 1歳
診断・症状 ウエスト症候群
経管栄養

実践者

保護者(母) 1歳になり、娘の生活がだんだん整ってきている今日この頃。繋がっている場所や人が多いほど娘のためになるだろうし、そのためにはママだけが娘のことをわかっている状態ではダメなんじゃないかな?と思います。ママ♪一念発起。内服管理をより分かりやく!薬のウォールポケット一新しました。

ハウツー

①一日五回、ミルクの前に薬を入れているのですが、今までは一日三回のウォールポケットを使っていました。今回はそれをもう一つ買って、7時、10時、14時、18時、22時、のポケットと、最後の一つはミルクに混ぜるお)を入れるポケットとしました。
それでも初めて見る人には、説明が必要でややこしいんです…。でも前よりは断然分かりやすくなって、ママは満足です!!
②キッチンの一角にすご~く目立っています。
もしもの時、なんて起こったら困るけど、でもママにだって何があるかわかりませんし、娘だって必ず小児専門病院のフォローを受けられるわけじゃないし、ママがいなかったり地元の病院にお世話になることがあった時、これならまだわかりやすいんじゃないかと思います。
③何よりパパやばばに説明しやすくなりました!それだけでママの肩の荷は半減します。何よりミスなく安心して自分以外の誰かに預けられる環境を作っていかないとなぁ~とウォールポケットを作りながら思ったのでした。一番大切で気になってた薬のこと、ちょっと前進して嬉しく、すごい達成感です♪

コツ・ポイント

もしもの時の準備、受け入れ先の確保など、もっといろいろやらないといけないことたくさんありますよね。頑張ろう!!

あんちゃんのペース☆

※記事内で紹介している作製方法・作製物等は、あくまで実践者の対象者に合わせた実践例であり、全ての対象者の症状・状況に適しているものではなく、お客様が作製された物を含め、当社において安全性等において何ら保証するものではありません。実践される場合には、利用する製品の強度・使用方法等をお客様ご自身でご確認の上、対象者の症状、性質、身体状況などを踏まえ、お客様の自己判断で実践してください。

関連するまとめ

ケアチャネルを購読・シェア

ケアチャネルの記事を購読するには、Facebookが便利です。

この記事をあなたの友達にも教えてあげたいときは、シェアをお願いします。

  • LINEで送る

このハウツーへのコメント