• トップ>
  • 移動>
  • 家の中までバギーが入れるように☆玄関のプチリフォーム(脳性麻痺)

家の中までバギーが入れるように☆玄関のプチリフォーム(脳性麻痺)

対象者

性別
年齢 3歳
診断・症状 脳性麻痺
気管切開 呼吸器装着 経管栄養

実践者

保護者(母) 玄関をプチリフォームしました。
スロープを使って家の中までバギーで出入りが出来るように、玄関の段差解消の台を設置してもらいました☆
元々はスロープ申請と一緒にするつもりでしたが、スロープは移動移乗支援で6万円の助成になります。我が家がお願いしたスロープだけで、6万円を超えるのでこちらは自費(約6万円)です。

ハウツー

元々置いてた下駄箱を片付け(お兄ちゃんの本棚に変身しました)、床と同じ(1㎝くらい低いですが)高さの台を設置してもらい、そこからスロープを掛けられるようにしました!
台が3分割になっていて、普段は端っこの1つだけ上げておきます。
狭い玄関になっちゃいましたが、バギーをこっちに置くことによって、今までバギーで塞いでいた和室の入口が開くようになりました☆
冬場は開かなくてもいいのですが、夏場はここが開かないと、風が通らないので熱いんです。
手前の台は、普段は上げておくので足を折り畳みが出来るようにしてもらいました。
テーブル等に使う金具を付けてもらいました♪
奥の台2つは畳めません!! 足はねじ式で、少しの高さやガタつきを調整出来るようになっています
台が届くまでは、前が開いてるのかと思っていたので、下に靴などを仕舞う予定でしたが、届いてみたら手前の1つしか開いてない・・・持ち上げれば入れられない訳ではないけど、面倒くさいので要らない靴を処分しました^^;
奥に立てた台(赤矢印)、その手前にスロープ(青矢印)を立てて置いています。と言っても、スロープはまだ見積もりも来てないので、台を作ってくれた工務店さんのをお借りしていますが☆

コツ・ポイント

始めは外に置く予定でしたが、アルミだから持っていかれちゃうらしいです^^;
今は立てかけてるだけですが、何か対策をしないと倒れて来た時が怖いですね。

かいらなのブログ

※記事内で紹介している器具・製品等は、当該器具・製品等の取扱説明書等をご覧の上、正しくお使いください。記事内で紹介している器具・製品等の使用方法を含め、記事内の方法は、あくまで体験者の実践している方法であり、当社において安全性等を何ら保証するものではありません。

関連するまとめ

ケアチャネルを購読・シェア

ケアチャネルの記事を購読するには、Facebookが便利です。

この記事をあなたの友達にも教えてあげたいときは、シェアをお願いします。

  • LINEで送る

このハウツーへのコメント