• トップ>
  • 移動>
  • バギーや車椅子の利用時に☆玄関網戸とドアストッパー(脳性麻痺)

バギーや車椅子の利用時に☆玄関網戸とドアストッパー(脳性麻痺)

対象者

性別
年齢 3歳
診断・症状 脳性麻痺
気管切開 呼吸器装着 経管栄養

実践者

保護者(母) 我が家に来る方に、「これいいね~」とよく言われるのが、玄関後付の網戸
これは娘が生まれる前にホームセンターで買ったのを、素人のお父さんに取り付けてもらったのですが、玄関を開ける事で風通しが良くなるので、かなり重宝しています。

ハウツー

真ん中の棒の所でクルクルと巻き取られて端っこに収まります。
下のレールは取り外しが出来ます。
ドアノブに当たるかなと、元の入口から少し離して取り付けたのですが、よくよく考えたら網戸の時ってドアを閉めなかったので、ギリギリ端っこの方が良かったかな。
見づらいですが、緑のOPENの所を下に押せば、網戸がシュルシュル~と自動で巻き取られて開きます。
閉める時は手動で端まで引っ張っていきます。
指で押さえてる所がロックで、上にすれば、ロックがかかり下に回せばロック解除です。
右写真は開いてる写真ですが、上の透明部分は自分で長さを決められて、上の速さ調節部分があっても取り付けられます。
そして最近取り付けて、もっと早くから付けとけば良かった~と思ったのが、このドアストッパー
我が家のドアが調節不能になっていて、開いた所で留まらないのもありますが、網戸の時に全開だと中が丸見えなので、途中で止めてるのですが、今まではよくある三角ゴムのストッパーを使っていました。
今までは毎回かがんで入れて留めていましたが、ストッパーが行方不明になったり、帰って来てすぐに大荷物やバギーを車から降ろす時にも。
姉の家で使っていて、吸盤でしっかり固定できると聞いてうちにも使えるかも~で買ったら、とっても良かったです。
わざわざかがまなくても、足で上げ下ろしが出来るのでとっても重宝しています(^^)

コツ・ポイント

かいらなのブログ

※記事内で紹介している方法等は、あくまで体験者の実践している方法であり、当社において安全性や症状の改善・効果等を何ら保証するものではありません。お客様ご自身においてご確認の上、対象者の症状、性質、身体状況などを踏まえ、お客様の自己判断で実践してください。

関連するまとめ

ケアチャネルを購読・シェア

ケアチャネルの記事を購読するには、Facebookが便利です。

この記事をあなたの友達にも教えてあげたいときは、シェアをお願いします。

  • LINEで送る

このハウツーへのコメント