• トップ>
  • 移動>
  • 福祉用具の展示☆いろいろな便利アイテム(CFC症候群)

福祉用具の展示☆いろいろな便利アイテム(CFC症候群)

食事
移動

対象者

性別
年齢 6歳
診断・症状 CFC症候群

実践者

保護者(母) 福祉用具の展示の方はゆっくりみる時間がなかったので、目標をしぼって。

ハウツー

まずひとつはアップシー。
これね、他のお友だちからも使ってみたいって希望が多くて、業者さんにお願いしました。
人気商品なので、借りられるかわからなかったのですが、無事に!!
でも、当日の朝届いたようで、業者さんははらはらドキドキだったそう。
多くの方たちが体験したようで、仲良くしてるRちゃんはずっと欲しかったからとその場で注文したらしい(^_^)

Rちゃんもとーちも発達が似ていて二人ともプロンボードと歩行器の練習をしているけど、足が前に出ないです。

うちは、「足を動かすと進む」という行動のつながりに気づけないのか、もう何年も繰り返してますが、正直2年変わってません。

2年あっという間だなぁ。

でも、アップシーはパパが足を動かすと自ずと子供の足もついていき、歩いている感覚を覚えさせるにはもってこい☆
こうやって動くんだよ、移動できるんだよ、という経験を繰り返すことでいつかつながるかも。

こんな大事な時に、とーちはまず準備してる段階でオシッコをしてしまい、はずすのも面倒だからとしてみた結果。

顎をかきかき、楽しむまではいかずそして、逆鱗に触れ、ギャン泣きして終了でした。

でも、いろいろが整えばできそうな感じで、旦那は買う気満々です。

全額自費になりますが、習い事してる訳じゃないし、高級なものねだられるわけじゃないから(←毒づく笑)
買ってもいいかな、とも思っています。

旦那のお小遣いからね。
小遣い天引きにしたら何年かかるんだろう。。。(^^)笑

ハビーの先生方に相談してから決めよう。
あとは自転車につけるサイドカー的なものにも乗ってみました(とーちが)。
こぐのは怖いので、業者さんにお願いしました。
まんざらでもない顔してもどってきましたよ。
これは二人乗り用です。
いろんなものがありますね(^_^)
福祉用具ではありませんが、介護食も気になりました。
『あいーと』
I eat=自ら食べる
という造語だそう。
1品500円~600円は高いけど、これで食がすすんで満足につながるならいいのかな。
肉じゃがすごく美味しかったし口のなかに入れるとすぐにつぶせました。
こういう特別食も医療費控除の対象になればいいのにな。
そしたら、もっと買いやすいのに、と思ってみたりしました。

ケアチャネルより一言

やっぱり展示会では使えそうなもの、楽しそうなものがいろいろありますね☆
こうしたものにも助成があれば助かるんですけどね(^^)

のんびりゆったりと。

※記事内で紹介している器具・製品等は、当該器具・製品等の取扱説明書等をご覧の上、正しくお使いください。記事内で紹介している器具・製品等の使用方法を含め、記事内の方法は、あくまで体験者の実践している方法であり、当社において安全性等を何ら保証するものではありません。

関連するまとめ

ケアチャネルを購読・シェア

ケアチャネルの記事を購読するには、Facebookが便利です。

この記事をあなたの友達にも教えてあげたいときは、シェアをお願いします。

  • LINEで送る

このハウツーへのコメント