• トップ>
  • 移動>
  • 福祉車両の必要性☆購入するかの考え中(気管切開)

福祉車両の必要性☆購入するかの考え中(気管切開)

対象者

性別
年齢 3歳
診断・症状 気管切開 胃瘻 他

実践者

保護者(母) 先週、トヨタさんのハートフルプラザに
福祉車両を見に行きました。

ハウツー

シエンタの福祉車両に試乗して
帰ってきました。
ノアを横目に見ながら
「これくらいの大きさが欲しいんだけどなー」
と思いながら…。
帰ってきてまた考えて…

そもそも福祉車両である必要はあるのか?

主人は、息子を抱き抱えて車に乗せるのが大変になったときのために
バギーでそのまま乗れるスロープ付きの福祉車両がいいって。

息子は今、3歳7ヶ月
身長76cm、体重7.3kg

生まれた時は身長38cm
ちょうど、やっと、2倍になりました!!

成長はゆーーーーくりで
どこまで成長するかもわからない。

抱き抱えるのが大変っていつ?

娘(24kg)くらいになれば
大変だなーと思うけど…。

それよりも、外出先で
スロープを広げる方が大変ではないか?

例えば病院で。
今は、病院の前で私と息子が車をおりて
主人か母が駐車場に車を停めに行きますが、
もし私が一人で病院に行くようになったとして、
スロープを広げて息子をおろしたあとに
息子を車の外に一人放置して
車を停めるなんて危険じゃない?

みんなどうしてるんだろう?

とりあえず私は主人に
「スロープは当面使わないよ」
「息子を抱き抱えれるうちはカーシートに乗せるよ」
「福祉車両じゃなくてもよくない?」
「福祉車両じゃないほうが荷物載るよ?」
「抱き抱えるのが大変になったときにまた考えればいい(車買い換え)」

と毎晩話をしてるのですが
主人は車を買い換える前提で今車を買うつもりはないし
将来的に福祉車両が必要になると思ってるから
私たちの話は平行線。

「福祉車両を買うなら、シエンタは小さかった、ノアくらいの大きさが欲しい」
と言うと、
そんな大きい車は必要ないし私には運転できないでしょって。

えーーー
そんなのわかんないじゃん!

慣れだよ。
そもそも車に乗り慣れてないのではじめから大きい車に慣れればいいじゃん!
信用されてないなー、私。

次に私がとった行動は
、 シエンタにバギーが載るかどうかの検証。

もしバギーがシエンタに載らなかったら?
シエンタ買っても買い換えることになるよね?
買い換えるつもりがないのなら今大きい車を買うよね?

で、バギーはまだ何も考えてませんが、
きさく工房さんからカタログを送ってもらい、実物を見せてもらうことに。

来週はシエンタの福祉車両を借りて、
きさく工房さんの取り扱っている工場に行ってきまーす。
その話を進めてる間にも、今度は私(主人のいない時に)、
近所のトヨタに行って、普通の(福祉車両じゃない)シエンタを見てきました。

3列目のシートを収納して後ろに息子のベビーカーと
入院時に必要な荷物を入れてる赤いボックスを入れてみました。
(他にも入院時の荷物はありますがとりあえずこの2つが後ろに積めればOK!)
まだよゆーーー!

ベビーカー(バギー)を畳んで
息子はカーシートに乗るなら
シエンタでもいいと思います。
(でも主人は、息子をバギーに乗せたまま乗れる車がいい…)
せっかくなので、シエンタもっかい試乗してみようかと思ったのですが、
なんか話の流れでエスクァイアを試乗させていただきました!
ノアの兄弟車種。
自宅近辺を走り、
近隣の月極駐車場…狭い道を入ってくのですが
その道も入れました!

私、乗れそうですが?(どや顔)
福祉車両か普通の車か。
小さい車か大きい車か。

ぜーんぜん、話がまとまりませんが、
とりあえず
きさく工房さんのバギーが広げた状態で
シエンタに載るか載らないか。
多分載るとは思うんだけど
荷物スペースはどれくらい余裕があるか。
来週は実際に目で見て、確かめてこようと思います。

まだまだパパとの話し合いは続きそうです・・・

ケアチャネルより一言

福祉車両購入のタイミング、それぞれ違いますよね☆
大きな買い物で、長く使うものだけにメリット、デメリットをしっかり考えたいです(^.^)

キム子のブログ ~医療ケア児の息子の記録~

※記事内で紹介している対応・サービスは、あくまで体験者の対象者に合わせた実践例であり、全ての対象者の症状・状況に適しているものではなく、当社において情報等の正確性、完全性、確実性、有用性を有すること等について、何ら保証するものではありません。記事内で紹介している対応・サービス等は、お客様ご自身においてご確認の上、対象者の症状、性質、身体状況等を踏まえた上で、お客様ご自身の責任においてご利用ください。

関連するまとめ

ケアチャネルを購読・シェア

ケアチャネルの記事を購読するには、Facebookが便利です。

この記事をあなたの友達にも教えてあげたいときは、シェアをお願いします。

  • LINEで送る

このハウツーへのコメント