• トップ>
  • 移動>
  • 装具診にて☆短下肢装具が完成(二分脊椎症)

装具診にて☆短下肢装具が完成(二分脊椎症)

対象者

性別
年齢 8歳
診断・症状 二分脊椎症

実践者

保護者(父) 昨日は装具診でした。
短下肢装具が完成。

ハウツー

仮合わせ時

また色決めがまたできなかったママ。
支援学校で指定?されているらしい
体操着と靴の色(紺or黒&白)の組み合わせで。
配色はほぼほぼ業者さんにお願いしました。
仕上がりチェック

嫌がらずに履いてくれました。
ちびっ子、自分で履く気満々!
よび留めのベルトの長さ調整
穴を開けてもらい固定。
上部のサイズ調整

少しゆるめだったので
パッドを足して調整。


そして先生に最終チェックしてもらい
OKいただきました。
最終仕上げで業者さん持ち帰り→
1週間後~に納品予定です。
さて… 学校でちゃんと履いていられるか( ゚_゚ )
後、久しぶりのT大病院

とても嬉しい遭遇がありました。
ちびっ子が生まれてなんだかんだがあり、
1番最初に診てもらっていた先生。
新生児科(当時S育)の先生に会うことができました!
何年ぶりだろう、、、
嬉しくて涙でそうでした。

ケアチャネルより一言

短下肢装具が完成!
装具を着けることで、拘縮予防になったり正しい歩き方を身につけられたり、といろいろなメリットがありますね☆
気になる方はまずは主治医やリハビリの先生に相談してみるといいかもしれません(^^)

だいだいだい好きな宝物

※記事内で紹介している器具・製品等は、当該器具・製品等の取扱説明書等をご覧の上、正しくお使いください。記事内で紹介している器具・製品等の使用方法を含め、記事内の方法は、あくまで体験者の実践している方法であり、当社において安全性等を何ら保証するものではありません。

関連するまとめ

ケアチャネルを購読・シェア

ケアチャネルの記事を購読するには、Facebookが便利です。

この記事をあなたの友達にも教えてあげたいときは、シェアをお願いします。

  • LINEで送る

このハウツーへのコメント