• トップ>
  • 移動>
  • 障がい児の母で初心者おばさんドライバーが思ったこと☆事故が起きる前の用意(ウエスト症候群)

障がい児の母で初心者おばさんドライバーが思ったこと☆事故が起きる前の用意(ウエスト症候群)

対象者

性別
年齢 5歳
診断・症状 ウエスト症候群

実践者

保護者(母) 免許を取ってやっと10ヶ月。
なっつの通院や通園をメインに運転してますが、

相変わらず下手です。
時々駐車テンパります。

それでもたまぁに都内まで走ったり、高速乗ってみたりして。
高速はまだ1回だけ

場所によっては自転車の方がいい時もあるけど、15kg超えのなっつを抱っこはもう難しくて。
福祉バギーを車に積んで走る方がラクです。
下手なりに何とかやってる感じ。

ハウツー

そんな中、リハに行く途中で追突事故があったのを見て、

私が話せればなっつの状態を話したり、搬送を依頼したりできるけど、話せない状態になった時はどうしよう!?

とふと考えました。
そこで、ちょうどおうちにあったカードケースを見つけて、
こんなものを作ってみました。
とにかく娘のかかりつけに搬送して欲しいと考えた末のものです。
なっつのチャイルドシートの近くに付けておこうかな、と考えてます。

ケアチャネルより一言

在宅生活をしているとこの不安はつきものかも、、、
車以外の場面でも直面しますね。
第三者にいかに早く、そしてわかりやすい状態で伝えれるか?常に準備しておくと安心です(^^)

なっつ通信

※記事内で紹介している方法等は、あくまで体験者の実践している方法であり、当社において安全性や症状の改善・効果等を何ら保証するものではありません。お客様ご自身においてご確認の上、対象者の症状、性質、身体状況などを踏まえ、お客様の自己判断で実践してください。

関連するまとめ

ケアチャネルを購読・シェア

ケアチャネルの記事を購読するには、Facebookが便利です。

この記事をあなたの友達にも教えてあげたいときは、シェアをお願いします。

  • LINEで送る

このハウツーへのコメント