• トップ>
  • 移動>
  • 憧れのロボットスーツHAL☆身体運動支援機器(気管切開)

憧れのロボットスーツHAL☆身体運動支援機器(気管切開)

対象者

性別
年齢 5歳
診断・症状 気管切開
呼吸器装着(人工鼻併用) 胃瘻

実践者

保護者(母) HAL が出た時に、ものすごい可能性を感じた。
そらは神経系と筋肉系に問題があるとされているが、HAL はそれをカバーしつつ歩行が可能になる(◕ᴗ◕)

その憧れのHAL をお試してきることに‼️‼️‼️

ハウツー

フィッティング中➰♫
フィッティング後、歩行器にて歩く練習➰♪♪


HAL の可能性を目の当たりにし、しかも予想していたよりだいぶ早く使うチャンスに恵まれ、
涙が出そうなくらい感動した(∂◡≦)(∂◡≦)(∂◡≦)


そらはSSサイズをフィッティングしたのだが
SSサイズはできて1年ほど。
まだまだ課題は多い段階じゃないかな♫

例えば....
フレームが標準的な体型で作られているので
そらのように痩せ型、骨盤の歪み等があるとフィッティングに無理が出てきてしまう。
もう少し体型に合わせられるしなやかさ?があればなぁ!

骨密度の問題もあるので(骨に負担がかかるためある程度の骨密度が必要。)今すぐガンガンリハビリに導入できるかというとそらの場合まだ難しそうだが、
これからそらの成長&HAL の進化を楽しみにしようと思う(o^ᆺ^o)

さっそく骨密度upのため食事等もう一度見直そなきゃな(。◠‿◠。)bグッ

ちなみにそらいわく、
「フワーと足があがり、歩けそうな気がした‼️」
とのこと☆

たくさんの人、環境に感謝した一日だった。
ありがとうーーぅ ハ(゚∇゚*)

ケアチャネルより一言

数年前では無理と思えたことも、今では当たり前になってることもたくさんあります☆
医療や技術の進歩はほんとにすごいので、どんなことでも希望は失わずにいきたいですね(^^)

呼吸器っ子☆そらとママの人生女子旅中

※記事内で紹介している器具・製品等は、当該器具・製品等の取扱説明書等をご覧の上、正しくお使いください。記事内で紹介している器具・製品等の使用方法を含め、記事内の方法は、あくまで体験者の実践している方法であり、当社において安全性等を何ら保証するものではありません。

ケアチャネルを購読・シェア

ケアチャネルの記事を購読するには、Facebookが便利です。

この記事をあなたの友達にも教えてあげたいときは、シェアをお願いします。

  • LINEで送る

このハウツーへのコメント