• トップ>
  • 移動>
  • バギー仮合わせ☆先輩方の意見を参考に(低酸素脳症)

バギー仮合わせ☆先輩方の意見を参考に(低酸素脳症)

対象者

性別
年齢 2歳
診断・症状 低酸素脳症
呼吸器装着(人口鼻併用)脳性麻痺

実践者

保護者(母) 先月のことですが…
久々に医療センターでの定期受診(一応かかりつけ病院で四半期に一度の受診)からの、療育センターでバギーの仮合わせ
相変わらずの詰め込みスケジュール(^◇^;)

ハウツー

一昨年のキッズフェスタからたくさんのバギーをみてきたけど、なかなか決められず…
去年の10月にやっと"ピグレオティルトIII"に決定♪(*´ε`*)


探し始めていた頃は絶対に対面!!!!!!
と思っていたけど、療育センターで見かける呼吸器っ子先輩たちは、ほぼ前向きバギー。
意を決して何人かの方に声をかけて、お話を聞かせていただきました。
お話を聞かせて下さったお母様方、本当にありがとうございました。
メーカーさんとは違ったユーザー視点の貴重なご意見&アドバイス、本当に参考になりました♡♡


皆さん、やはり最初は絶対対面で!と探して、対面にも前向きにも出来るバギーを選択したものの、結果的に前向きで使用しているとの事。

理由としては、

・バギーになると座面の高さが上がるので思ったより顔が近くて見やすくなる。
・学童期になるお子さんは、学校での生活では先生の方を向いた時にハンドルが邪魔になったり、先生が指し示す方向を見たりする時にバギーの向きを変える必要があったりもしたそう。
・学童期前のお子さんでも、前向きにした方が本人の視界が広がったようで、それが良い刺激になって本人の反応が良くなった

などなど、様々な良いお話をきかせていたいだきました。
そして、最終的に私的に1番刺さった言葉



「ママの顔見飽きたよね…」



確かに〜( ;∇;)( ;∇;)( ;∇;)( ;∇;)( ;∇;)( ;∇;)


そうよね、チビさんももっと広い世界見たいよね。今まで視界を遮ってごめんよ(;☉∀☉;)
そう思い、帰宅後すぐにベビーカーのシートを前向きに変えたのでした(笑)
そして、いよいよ仮合わせしました(˃∇˂)

PTさんと業者さんで、実際に乗った感じを見ながら微調整
フットレストは、短下肢装具を装着時とそうでない時と調整出来るのと、成長対応用に2cm刻みで外せるように加工してくれることになりました(∀)v
日除けを着けると、背の小さい私は完全に前が見えません(;☉д☉;)
ぶつけないように気をつけねば(・_・;
シートカラーは「ママの好きにしていいよ」といいつつ、あーでもない、こーでもないと周りのバギーを見回しながら、最終的にパパ好みになったとさ(笑)
出来上がってからのお楽しみに〜(⊙ ‿<*)

GW明けに納品予定です。
車の後部座席をバギー仕様に準備しなくちゃ(⌒-⌒; )

ケアチャネルより一言

バギー楽しみですね!
対面か前向きか悩むところですが、どのポイントを優先するかによって考え方が変わりそうです(^^)
そして、何より先輩ママさんの言葉がやっぱり一番参考になりますね☆

meguのブログ

※記事内で紹介している器具・製品等は、当該器具・製品等の取扱説明書等をご覧の上、正しくお使いください。記事内で紹介している器具・製品等の使用方法を含め、記事内の方法は、あくまで体験者の実践している方法であり、当社において安全性等を何ら保証するものではありません。

ケアチャネルを購読・シェア

ケアチャネルの記事を購読するには、Facebookが便利です。

この記事をあなたの友達にも教えてあげたいときは、シェアをお願いします。

  • LINEで送る

このハウツーへのコメント