• トップ>
  • 口腔ケア>
  • 口腔ケアに舌ブラシ☆風邪予防にもつながる(ウエスト症候群)

口腔ケアに舌ブラシ☆風邪予防にもつながる(ウエスト症候群)

対象者

性別
年齢 17歳
診断・症状 低酸素脳症 点頭てんかん 脳性麻痺

実践者

保護者(母) ここ一年くらい我が家では 舌ブラシにはまっています。
去年の冬、人生初の肺炎での入院をしたカナ。細菌性の肺炎でした。
それを機に、口腔内のことをもう一度気をつけてみないと!と思い、この舌ブラシにたどりつきました。
口臭予防という意味もあるけども、舌ブラシを使う事で病気予防~と言われてます。

ハウツー

これから、秋冬…と風邪もひきやすくインフルエンザの季節になります。今からでも予防対策はせっせとしていったらいいかも☆

カナは御飯の時だけでなく、てんかん発作のときに唾液を誤嚥したりしてるのだろうと想像がつきます。
唾液は雑菌が多い為、この子達は食事の前にも歯磨きをして口腔ケア後に御飯を食べた方が良い、とも言われてます。(嚥下時に雑菌が混ざった食事を誤嚥する危険がある)

少しでも、感染のリスクを減らす為に口腔ケアをするのは大事なこと。(←自分への言い聞かせです^_^;)

学校にあがるまで、お口の過敏が強いため歯磨きができない、という子供さんも中にはいらっしゃいますよね。そういう場合やわらかいスポンジを使ってます。
過敏な人は、舌ブラシもやわらかいタイプのものがあるのでそれを使うのも良いのかも。

ただ、舌ブラシ。やりすぎはダメ!とのこと。しかも、舌用のじゃないとダメ!。チカラを入れず、優しく〜〜優しく。
思わず、チカラが入りそうになる我が子の歯磨き。チカラは抜いて、優しくしないと。

ついでに、写真のクレパス風歯ブラシ。ママ友にプレゼントしてもらったものなんだけど、〈先端超極細毛使用〉とやらでとても磨きやすいし、クレパス仕様なのが可愛いです(o^^o)
あと二本しか残ってないなぁ。そろそろ補充しとこーっと。

ケアチャネルより一言

唾液を誤嚥して感染する可能性も考えないといけませんね。そのために口腔ケアは必須☆
歯磨きが苦手な方にはこうした歯ブラシやスポンジ、舌ブラシなどを試してみてもいいかもしれません(^^)

KAIGOO!


※記事内で紹介している方法等は、あくまで体験者の実践している方法であり、当社において安全性や症状の改善・効果等を何ら保証するものではありません。お客様ご自身においてご確認の上、対象者の症状、性質、身体状況などを踏まえ、お客様の自己判断で実践してください。

関連するまとめ

ケアチャネルを購読・シェア

ケアチャネルの記事を購読するには、Facebookが便利です。

この記事をあなたの友達にも教えてあげたいときは、シェアをお願いします。

  • LINEで送る

このハウツーへのコメント