• トップ>
  • その他>
  • 小児慢性の医療機関を追加☆役所での手続きとキッズスペース(ウエスト症候群)

小児慢性の医療機関を追加☆役所での手続きとキッズスペース(ウエスト症候群)

対象者

性別
年齢 2歳
診断・症状 ウエスト症候群 経鼻経管栄養

実践者

保護者(母) 先日、久々に市役所へ。
違うステーションの訪看さんが入ってくれることになり、小児慢性の受給者証に医療機関を追加する手続きへ行ってきました。
私何か勘違いしていて、指定医療機関の追加は途中でできないと思っていました(^_^;)
次回更新時に追加になるのかと・・・

でもちゃんと追加できました~(^_^;)

ハウツー

今の受給者証は回収されて新しいものが届くまではこれを使います。
医療費助成対象者証明書だそうです(^^)

他にもマイナンバーの申請したり、手帳などの住所の変更したり…
何だかんだですぐには終わらない…ですよね(^^)
手続き待ちの間、誰もいないキッズスペースにてゆうたをぬいぐるみで囲んでみた(^^)
大きいぬいぐるみって全く持ってないんだけど案外いいかも!?
3歳の誕生日プレゼントはぬいぐるみかな~☆
なんてまだ先ですけどね!

ケアチャネルより一言

市町村によって多少違いますが手続きは役所へ(^^)
小児慢性特定疾病、いわゆる小慢の認定を受けられれば医療費を助成してもらえます。(知ってる方も多いかな?)
月の医療費合計(病院や訪看など全部合わせて)で上限に達すると、その月はそれ以上の医療費負担はゼロになります。
かかりつけ医や保健所の保健師さん、小児対応の訪看さんなどに相談してみてください☆

ろみおの日日告白~低酸素性虚血性脳症・症侯性点頭てんかんの息子と旦那とのドタバタな毎日~

※記事内で紹介している方法等は、あくまで体験者の実践している方法であり、当社において安全性や症状の改善・効果等を何ら保証するものではありません。お客様ご自身においてご確認の上、対象者の症状、性質、身体状況などを踏まえ、お客様の自己判断で実践してください。

ケアチャネルを購読・シェア

ケアチャネルの記事を購読するには、Facebookが便利です。

この記事をあなたの友達にも教えてあげたいときは、シェアをお願いします。

  • LINEで送る

このハウツーへのコメント