• トップ>
  • その他>
  • 防災に対する意識の反省と見直し☆持っていた物と買った物の紹介(気管切開)

防災に対する意識の反省と見直し☆持っていた物と買った物の紹介(気管切開)

対象者

性別
年齢 4歳
診断・症状 気管切開

実践者

保護者(母) 北海道で被害に遭われた方が一日も早く平穏な

暮らしができますように。


今までにないくらいの猛暑、

そして台風に地震と大きな自然災害が続きました。


自然災害は、いつでも、どこでも、誰にでも

起こりうること。

それなのに、今まで防災や備蓄品の意識が

あまりに低かったことにとても反省しています。


医療ケアが必要な娘や家族のためにも

改めて、防災グッズや備蓄品、収納場所を見直し、

少しずつ揃えました。

ハウツー

新たに追加購入したもの。


◆非常用簡易トイレ

(マンション住まいのため、断水時には

非常用簡易トイレが必要になると思い購入。

凝固剤の使用可能期間が、密封未使用状態で

10年のものを購入しました。

ショップより出荷まで1カ月以上かかる見込みとの

連絡がありました。

地震の影響で、注文が集中しているようです。)

◆スペースヒートシート

(軽量、コンパクトで持ち運びにも便利。

丈夫で破けにくく、何回でも繰り返し使える点が

経済的。

家族分備えておけば安心かなと思い購入しました。

楽天 スーパーセールで半額以下でした!^^)
100均のダイソーで購入できる防災グッズも

買い足しました。

◆IDカード付き非常用鳴子笛

◆割り箸、紙コップ、紙皿(スープなどが入る深めのもの)

◆歯ブラシ

◆体拭きシート

◆アルコールウェットティッシュ

◆マスク

◆絆創膏、包帯

◆綿棒

◆ラップ、アルミホイル

◆軍手(滑り止め付き)

◆布ガムテープ

◆油性マジックペン
すでに持っているもの。

◆手回し充電ラジオライト

◆ソーラー充電器(スマホなどの充電用に。)

上記のほかに LEDランタンろうそく

カセットコンロカセットボンベ

持っていますが改めて動作確認をしました。


水は、2リットルのペットボトルを常に

12本〜18本置いてローリングストックしています。


食料の備蓄については、災害用保存食より

普段から食べ慣れているもの

(小さなお子さんはとくに。)の方が良さそうなので

缶詰、クラッカー、日持ちのするお菓子類などを

少し多めにストックして

水と同様にローリングストック法で

賄おうと思います。



追加購入予定のもの。


ヘッドライト、乾電池、ライター、

レインコート、カイロ、歯磨きシート、

必要最低限の頭痛薬、胃薬、解熱薬など


娘の医療物品や吸引器グッズ、薬などは、

緊急時にすぐ持ち出せるようリストと合わせて

一ヶ所にまとめて置いています。


まだまだ足りないものも多く

収納場所についても

見直しをしていきたいと思います。

ケアチャネルより一言

ほんと今年は災害の年となっていますが、いつまた来るかわかりません。
意識が高いうちに早めの対策と準備を☆
みなさん状況に応じて必要なものは変わると思いますが、ご参考に(^^)

An's 日和

※記事内で紹介している器具・製品等は、当該器具・製品等の取扱説明書等をご覧の上、正しくお使いください。記事内で紹介している器具・製品等の使用方法を含め、記事内の方法は、あくまで体験者の実践している方法であり、当社において安全性等を何ら保証するものではありません。

関連するまとめ

ケアチャネルを購読・シェア

ケアチャネルの記事を購読するには、Facebookが便利です。

この記事をあなたの友達にも教えてあげたいときは、シェアをお願いします。

  • LINEで送る

このハウツーへのコメント