• トップ>
  • その他>
  • 防災の知恵【無印良品】と【地震イツモ】☆防災に使えるマニュアルと予め調べておく事(気管切開)

防災の知恵【無印良品】と【地震イツモ】☆防災に使えるマニュアルと予め調べておく事(気管切開)

対象者

性別
年齢 4歳
診断・症状 気管切開

実践者

保護者(母) 災害時に役立つと再度ネットで話題になった

無印良品の『七日間を生き延びよう』

『家族で決めておく連絡のルール』のパンフレット。

早速、印刷して読んでいます。

ハウツー

災害への備えや被災時に役立つ知識を

イラスト入りでまとめてあります。


マニュアル本が分厚かったり、活字ばかりだと

一気に読む気力が無くなる私ですが、

イラスト入りで見やすく分かりやすく

とても有り難いです^^


印刷してしっかり読んだ後は、

必要事項を記入し防災グッズと合わせて

保管しておこうと思います。


『七日間を生き延びよう』のパンフレットは、

七日間を生き延びよう と検索すると

ダウンロード版がでてきます。

1ページ目の1〜12の防災の知恵は、そのままコピーすると

文字が小さすぎてよく見えなかったので

この部分だけもう一度拡大コピーしました。
『家族で決めておく連絡のルール』

パンフレットはこちらのもしものメモから↓

https://www.muji.net/store/campaign/detail/C11081901


さらにこの無印良品のパンフレットの下に

このような記載があったので、「地震イツモ」の

サイトも見てみました。
サイトはこちらから→ 地震ITSUMO.COM

阪神・淡路大震災で被災された方々の声を集めた

防災マニュアルの一部を抜粋した『地震イツモノート』


防災の専門家や、体験者の方々の実際に役に立つ

防災アイテムやアイデアをまとめた『地震キット』

いずれもA4のシートでダウンロードできるように

なっています。


こちらのパンフレットもイラスト入りで

とても分かりやすく、印刷して

防災グッズと一緒に保管しておこうと思います。


これに加えて

娘のように気管切開をしていて医療的ケアが必要な場合、

●病院の主治医や医療機器の業者さんとの連携

●福祉避難所など受け入れ先の確認

●医療機器等の電源確保

●常用している薬や病状などを記載したヘルプカードなどを

常に持ち歩く


また必要であれば、

お住まいの地域や病気の症状によりますが

自力で避難することが難しい

高齢者や障害のある方を対象とした

「避難行動要支援者名簿」に登録する

(登録条件などの詳細は、お住まいの地域の

障害福祉課などにお問い合わせください。)


などなど、お子さんの症状に合わせてさらに細やかな

準備が必要です。


『地震イツモノート』の最初に書いてある

ライフラインが止まる。

それは原始生活以下になる、ということ。

という文にハッと気付かされました。

コンクリートで固められた都会でライフラインが

止まるということは、

火や水が思うように使えず、

建物で足場は悪く、空気も汚れ

身近に自然があった原始以上に不便で不安な状況に

置かれます。


どこまで備えても万全はないけれど

想像をはるかに超える大変な状況にも

少しでも対応できるよう、

備えていきたいです。

ケアチャネルより一言

人ごとではない災害、ついつい自分は大丈夫と思いがち、、、
いざとなって慌てないためにも、災害への備えや被災時に役立つ知識を一度でも目を通しておくと安心ですね(^^)

An's 日和

※記事内で紹介している方法等は、あくまで体験者の対象者に合わせた実践例であり、全ての対象者の症状・状況に適しているものではなく、当社において安全性・効果・不具合の不発生等を何ら保証するものではありません。

関連するまとめ

ケアチャネルを購読・シェア

ケアチャネルの記事を購読するには、Facebookが便利です。

この記事をあなたの友達にも教えてあげたいときは、シェアをお願いします。

  • LINEで送る

このハウツーへのコメント