• トップ>
  • その他>
  • どんな夢を見てるの☆寝ている息子を見て思うこと(屈曲肢異形成症)

どんな夢を見てるの☆寝ている息子を見て思うこと(屈曲肢異形成症)

対象者

性別
年齢 3歳
診断・症状 屈曲肢異形成症
気管切開 呼吸器装着

実践者

保護者(母) りょうくん、眠っている。

ハウツー

どんな夢を見ているんだろう?

生まれた頃から、よくそう思っていた。

まだ入院中…

病院に居た頃は、病室だけの狭い世界。

登場人物は、
お医者さん、看護師さん、
私、パパ、
もしかしたらガラス越しに会うこうくん、
あとは周りのベッドの子・・・・くらいか。


その頃りょうくんの体には緑膿菌がいた。
だから処置をする人はみんな、緑色の不織布で出来たガウンを着ることになっていた。


『痛いこと、苦しくなることをする人は、
みんな緑の服を着ている。』


りょうくんが悪夢を見るとしたら、絶対緑の服の人が出てくるだろうなぁ・・

よくそんな風に思っていた。
こんな感じ


今はどうだろう?
世界はだいぶ広がった。
登場人物も増えた。

色んなことが分かるようになってきたけど、
りょうくんは言葉をほぼ持たない。


ストーリーはあるのかな?
楽しい夢も多いのかな?
音は聞こえるのかな?
夢の中で、走り回ったりするのかな?


りょうくんが夜中に起きて愚図り、なかなか眠れなくてイライラしそうになる時、よく想像する。


自由に飛び回ってる夢を見ていたのに、
起きたらやっぱり不自由な体で、
哀しくて泣いているのかもしれない


そんなこと思うの、どうかとも思うけど。

イライラは、スッと消える。



今回の入院は、RSウイルス感染なので、また緑のガウンを着ることになった。

悪夢再来、なんだろうなぁ・・



睡眠繋がりで。

今は隔離されて個室にいる。

24時間付き添いが必要。

「子供の入院あるある」らしい、狭いベッドでの添い寝。


元々どこでも寝れる方なので(パイプ椅子3脚並べてとか)そこまで苦では無いけど、呼吸器の回路を挟んで

りょうくん、回路、私

だと、狭いベッドが更に狭い。


布団を体に巻き付けて、はみ出した部分が落ちないようにして、なんとか。

りょうくんが安眠出来てますように・・
りょうくん、昨日には熱が下がった。

呼吸器も今日、病院のから在宅のものに。
抗生剤が終了になり、点滴も抜けた。

だけど酸素がなかなか下げられない・・
(普段0.25L/分が、今は5.0L/分!)

ヒューヒューもゼロゼロもしてないのに。

台風のせいなの??


早く退院出来るといいなぁ。

それまで、いい夢見れますように

ケアチャネルより一言

どんな夢を見ているかは本人にしかわからないかもしれませんが、想像することはできます。
成長のペースはそれぞれ、ゆっくりマイペースで大丈夫☆少しずつでも世界は広がってますからね(^^)

3+2のはなし*人工呼吸器と暮らす*

※記事内で紹介している方法等は、あくまで体験者の対象者に合わせた実践例であり、全ての対象者の症状・状況に適しているものではなく、当社において安全性・効果・不具合の不発生等を何ら保証するものではありません。

ケアチャネルを購読・シェア

ケアチャネルの記事を購読するには、Facebookが便利です。

この記事をあなたの友達にも教えてあげたいときは、シェアをお願いします。

  • LINEで送る

このハウツーへのコメント