• トップ>
  • その他>
  • できることから☆災害への事前準備(18トリソミー)

できることから☆災害への事前準備(18トリソミー)

対象者

性別
年齢 5歳
診断・症状 18トリソミー
呼吸器装着

実践者

保護者(母) 6月にあった地震で、行政の医療ケア児サポートの手薄さに愕然とし、でも自衛もしっかりしなくちゃと改めて認識できたので、色々と準備しています。

まずはなるんこの防災ノートの更新。
どこに物品、医療機器があるか、
連絡する病院の順番、など
相談員さんが分かりやすいフォーマットを探してくれました。

災害発生時は電話が不通になるので
連絡が取れなくて心配ということで、
ネットが繋がれば連絡しあえる
Medical care stationというサイトでグループを
訪看さんが作成してくれました。
ここに参加しているのは、なるんこに関わる訪看さん達、往診医、相談員さん。
防災ノート、お薬手帳、血液検査結果などをデータをアップしているので、もし母さんに何かあった場合も別の人からなるんこの情報提供ができるようになっています。

ハウツー

うちは6階に住んでいるので、エレベーターが止まったらえらいこっちゃ!ということで、階段で避難する場合のシミュレーションもしました。

ちびんこが使っていたアウトドアメーカーの折りたたみ抱っこ紐。
かなりはみ出ていますが、無いよりは良くて使えそうです。障がい児用のものを見たけど普段は今のところ使わないし、これでいいかな。
もう少し成長したら要検討です。
一番の問題は電源なので、
車載用インバータを買い替えたのと
外部バッテリーを追加購入。

奥が今まで使っていたクマザキエイムSL200
手前が今回買ったもの。
今までのは廃盤になっていたので新しく探しました。同じくらいの容量のものを探し、電気に強い友達に使えるか確認してネット購入。
少しコンパクトになって、しかも値段は半分以下!!
テストランニングしたところ、加湿3で7時間もちました。
新しいのがいいところは医療機器に多い、三本コンセントが使えること。

以前のものはアダプター?とかまさないといけなかったので、このせいで接触不良を起こしやすくなっていました。
初めから車用の充電コードがついているのも良いです。
災害用バックアップとして、大きな容量の外部バッテリーも買いました。

どどーん!こちらはテストランニングできていないけど、一日は持つ予定です。
これで五万円くらいと以前のものと変わらない価格。いやー、安くなったもんだなぁ。

とはいえ出費でしたが、これで少し安心。
大きなものがあれば、電源のない場所でのテント泊も叶いそうウインク

先日も少し揺れた大阪。
災害はないに越したことないですが、
備えをしていきたいです。
な:あとは母さんの体力やな

抱えれるよう日々なるんこトレーニングやな

ケアチャネルより一言

今年は災害の当たり年でしたね。災害時電気の確保が本当に大変、地域によって復旧のスピードも様々。
高価なだけになかなか手がでにくいですが、自宅以外で過ごせる安心感、大きいです(^^)

なるんこ日記

※記事内で紹介している方法等は、あくまで体験者の対象者に合わせた実践例であり、全ての対象者の症状・状況に適しているものではなく、当社において安全性・効果・不具合の不発生等を何ら保証するものではありません。

関連するまとめ

ケアチャネルを購読・シェア

ケアチャネルの記事を購読するには、Facebookが便利です。

この記事をあなたの友達にも教えてあげたいときは、シェアをお願いします。

  • LINEで送る

このハウツーへのコメント