• トップ>
  • その他>
  • 受診三昧とふたりドライブ☆長時間の移動も息子のおかげで(脳性麻痺)

受診三昧とふたりドライブ☆長時間の移動も息子のおかげで(脳性麻痺)

対象者

性別
年齢 5歳
診断・症状 脳性麻痺
気管切開 経鼻経管栄養

実践者

保護者(母) 今月は中旬まで、各病院の受診が目白押しでした( ꒪⌓ ꒪)
地元の大学病院各科に、入院・手術の経過を報告しに行き。
ボトックス外来へも、入院・手術の経過を報告しに行き。
こども病院にも脳神経外科の再診へ出向き。
んで、その合間につーさんは療育へ完全復帰を果たしました(* ̄∇ ̄*)
通所リハか、通園か、デイか、受診か、というハードスケジュール。
とりあえず、今のところ体調崩すことなく頑張ってくれています♪(*´ε`*)

ハウツー

さて、脳神経外科の再診が今週火曜日にあったのですが。
術後の傷の様子は良好で、抜糸後から貼っていたサージカルテープが必要なくなりました(*‾◡‾*)
テープかぶれも気になるところだったので、無くなって良かった('ᴗ˂)
ひと月半ほど、こんな風にテープで覆っていました。
ただ、テープがなくなり、シャツが捲れ上がると傷が露わになりすぎるので、腹巻は必需品になりました。

背中のコブはまだありますが酷くはなっておらず、このまま髄液が吸収されるまで様子見とのことでした。
数ヶ月かかることだとのこと(^_^;)
来月また再診になりました。
余談ですが。
この脳神経外科再診の日、ぱぱが急遽休日返上で出勤になってしまい。
初めてままとつーさん、ふたりきりでこども病院へ行ってきました
ヘタレドライバーのままは、基本地元のいつも行くところしか運転しません。 でも、背中のコブの様子も気になるし受診は外せない。
帰宅が夕方にかかる時間帯になる予定で、激混みの路線の電車にバギーを乗せたくない。
つーさん自身は調子万全で、吸引回数もかなり少ない。
幸い、道のりは複雑ではない。ただ単に遠いだけ。
  てことで、ふたりドライブで行ってきました!!
片道大体一時間半ほどの道のり。
まま、運転がんばりました。゚(゚^∇^゚)゚。
でも、何より誰より頑張ってくれたのは、助手席のつーさん。
ままのいつになく緊張した面持ちに不安もあっただろうに、道中本当にいい子にしていてくれました。
受診待ちの間吸引したものの、車中での吸引は0。
そもそも、オペ前はそんな長時間カーシートに座り続けることができなかった。
一度も緊張入れることも、機嫌を悪くすることもなく、行って帰ってこれた時は感動しました。
つーさん、偉かったね!
ばくぽんもありがとう!

先週はボトックス外来へも、行きは電車で行ってきました。帰りはぱぱに迎えにきてもらいました
バギーに座って電車に乗ることも、刺激的な時間。
こういうことができる体になれたことに、感謝です。

ケアチャネルより一言

車が主な移動手段になりやすいバギーっこ。その中で吸引を必要とするので、ママさんの緊張感も計り知れません(^^;)
ママ思いのつーさんのおかげで無事に着けたみたい(^^)

つきのあかり~494g生まれの脳性麻痺っ子奮闘記~

※記事内で紹介している対応・サービスは、あくまで体験者の対象者に合わせた実践例であり、全ての対象者の症状・状況に適しているものではなく、当社において情報等の正確性、完全性、確実性、有用性を有すること等について、何ら保証するものではありません。記事内で紹介している対応・サービス等は、お客様ご自身においてご確認の上、対象者の症状、性質、身体状況等を踏まえた上で、お客様ご自身の責任においてご利用ください。

関連するまとめ

ケアチャネルを購読・シェア

ケアチャネルの記事を購読するには、Facebookが便利です。

この記事をあなたの友達にも教えてあげたいときは、シェアをお願いします。

  • LINEで送る

このハウツーへのコメント