• トップ>
  • その他>
  • つまみ細工とラクガキ☆入院中の作成物(滑脳症)

つまみ細工とラクガキ☆入院中の作成物(滑脳症)

対象者

性別
年齢 3歳
診断・症状 滑脳症
気管切開 経鼻経管栄養 呼吸器装着 てんかん

実践者

保護者(母) 息子の病院は入院中24時間付き添いが必要。付き添い自体は苦痛ではない。不自由だが。

付き添いだと同じベッドで寝られるからうれしいし☆(家では別々に寝てる。病院のベッドはサークルベッド小だから狭いけど、息子も私も小柄なので余裕♪(*´ε`*))

ハウツー

何が苦痛かっていうと、やる事がない事。

入院中の息子は、内服調整と経過観察が主なので、検査はほとんどない。レントゲンや採血なら病室で出来るし、プレイルームで遊べる子ではないから、病室から出る事がほぼ無い。

注入の準備や身体拭きは全部看護師さんがやってくれる(もちろん私も手伝う)。

家と違って、自分たちのご飯の用意したり、掃除したりする必要も無く、やる事があまりない。


看護師さん達は、ゆっくり過ごしてね、って言ってくれるけど、頻繁に人が出入りするから全然ゆっくりもしてられないよね(*‾⊿‾*)


そして、やる事が無く、時間だけは十分にあるから、余計な事ばかり考えてしまう。

入院する度にとってもヒマなので(私が)、毎回何か作ってる。細かい事をする事で、余計な事を考える時間も減るし、気分転換にもなる。

そんな訳で今回はつまみ細工を。

100均で買ってきた写真立てに、ちりめん風の布を貼って、つまみ細工を飾って完成(˃∇˂)
髪留めも作った。

花と蝶々と葡萄のつもり。ひとつは根気が続かず、完成させられずに終了(꒪д꒪)lli|

髪留めは作ったものの使わないが…

入院中に仲良くなった子がいれば、あげるんだけど、病室に引きこもってたから、そんな人もいないわ…
他には、胃カテを留めるテープにせっせとラクガキしてた。

上手い下手は置いといて、息子の好きなキャラクターがあれば、それを描くんだけど、分からないので、私の趣味で好き勝手に描いてる(ŐŐ)

3〜4歳の男の子が好きなキャラってなにかしら?と思いつつ…

ケアチャネルより一言

素敵ですね〜こういうのは手先の器用さもさることながら、ほんとにセンスだと思います(^^)
ちょっとした時間潰しにお洒落で実用的なものを作ってしまうのはさすがです☆

のんびりいこまい❀日本初の遺伝子変異で滑脳症の息子

※記事内で紹介している作製方法・作製物等は、あくまで実践者の対象者に合わせた実践例であり、全ての対象者の症状・状況に適しているものではなく、お客様が作製された物を含め、当社において安全性等において何ら保証するものではありません。実践される場合には、利用する製品の強度・使用方法等をお客様ご自身でご確認の上、対象者の症状、性質、身体状況などを踏まえ、お客様の自己判断で実践してください。

関連するまとめ

ケアチャネルを購読・シェア

ケアチャネルの記事を購読するには、Facebookが便利です。

この記事をあなたの友達にも教えてあげたいときは、シェアをお願いします。

  • LINEで送る

このハウツーへのコメント