在宅介護のスキンケア☆おむつかぶれ防止とおしりに洗い方

トイレ
専門職ハウツー

対象者

性別 指定無し
年齢 指定無し
診断・症状 病気や障害のために介護が必要な方、介護する方をはじめとした全ての人

実践者

持田ヘルスケア株式会社 在宅介護がスタートすると、食事や環境など、さまざまな問題が出てきます。その中で、肌のトラブルは大きな問題となることが多く、毎日のスキンケアが大切になってきます。

ハウツー

おむつかぶれを起こさないための3つのポイント
洗いすぎない

1日に何度も洗浄剤を使って洗うと、皮脂を取りすぎてバリア機能が低下します。使うのは1日1回、あとはやさしく拭き取ります。洗うときも拭くときも、ゴシゴシこすらないよう注意が必要です。洗浄剤は肌にやさしいものを選びましょう。また、カビや菌の増殖を抑えるには、抗真菌成分などが入ったものが便利です。
ふやけさせない
皮ふがふやけると、バリア機能低下の原因になるので、吸水性の高いおむつを使い、こまめに交換するようにしましょう。
尿・便からの保護
尿や便が皮ふにつくと、それが刺激となっておむつか ぶれの原因になるので、直接つかないように、皮ふ保護剤や撥水クリームなどを利用します。
おしりの洗い方
回数
1日1回
準備するもの
使い捨て手袋、吸水パッド(大きめの紙おむつ)、洗浄剤(弱酸性)、ぬるま湯、柔らかいタオル
①使い捨て手袋をして、吸水パッドおしりの下に敷く。
②洗浄剤をよく泡立てる。(泡で出てくるタイプも便利)
③ゴシゴシこすらず、下から上にやさしく泡で洗う。
④ぬるま湯で、洗浄成分が残らないよう、ていねいに洗い流す。
⑤柔らかいタオルで、皮ふに押しつけるようにして水気を拭き取る。

関連するまとめ

ケアチャネルを購読・シェア

ケアチャネルの記事を購読するには、Facebookが便利です。

この記事をあなたの友達にも教えてあげたいときは、シェアをお願いします。

  • LINEで送る

このハウツーへのコメント