小豆を使った感覚あそびのあとはお昼ご飯☆療育園にて(脳性麻痺)

専門職ハウツー

対象者

性別
年齢 3歳
診断・症状 脳性麻痺
気管切開 呼吸器装着 経管栄養

実践者

保護者(母) 昨日は月二回の通園日でした。ちょっと変わった、小豆を使った遊びをしました。とても楽しそうに感覚遊びを楽しんでました。

ハウツー

まずはバケツに入った小豆に足を入れてみました。
太鼓や鉄琴の上に小豆を落として音を聞いたり、太鼓の上の小豆に足をスリスリ
娘にはこの小豆が大ヒットで、終始ご機嫌。大笑いも沢山していました☆
手で触ってみたり、体のあちこちに擦り付けてみたり、大量の小豆に下半身埋ったりしました。
家では絶対に出来ない、小豆の感覚遊び。
これだけ喜んでくれたら、とってもいい刺激になってるハズ。
お昼ご飯も食べました(食後の写真です)
家では1日1回。1~2品を50g前後食べてます☆
通園では品数も沢山、量も多いので2~3口ずつくらいですが一通り食べて、チンジャオロース風と小松菜としめじのあえ物が、上手にごっくん出来ました。
どんなのが好きなのかが、未だに分かりませんが、こうやって品数多く色々食べさせてみると、今後の参考になりそうです。

コツ・ポイント

かいらなのブログ

※記事内で紹介している方法等は、あくまで体験者の実践している方法であり、当社において安全性や症状の改善・効果等を何ら保証するものではありません。お客様ご自身においてご確認の上、対象者の症状、性質、身体状況などを踏まえ、お客様の自己判断で実践してください。

関連するまとめ

ケアチャネルを購読・シェア

ケアチャネルの記事を購読するには、Facebookが便利です。

この記事をあなたの友達にも教えてあげたいときは、シェアをお願いします。

  • LINEで送る

このハウツーへのコメント