たてわりグループの療育☆目的と課題を設定した遊びのなかで(気管切開)

専門職ハウツー

対象者

性別
年齢 5歳
診断・症状 気管切開 経鼻経管栄養

実践者

保護者(母) たてわりグループ活動とは、いろいろな年齢の子どもたちを課題別に分け、それぞれのグループで活動する時間です。
保育とリハビリの先生が担当してくださいます。
先日の課題は、目的の遊びまで移動し、しっかり手を使って遊ぶこと。

ハウツー

みんなで歌を歌ってご挨拶~♪…の前から、好きな遊びに向かって歩こうとするふたば。
まず向かったのはこちら。
風船につけたキラキラテープを持って、扇風機の風に乗せてヒラヒラさせて遊びます。
なんとも涼しげ(^^)

保育の先生に介助してもらって遊んでいます。

風船もテープも大好きなふたば。
大好き過ぎて、風船をぎゅーっと抱っこし過ぎたのか、ふたばの顔の前でパーーン!!と割れてしまうというハプニングも。しかも2個も(^^;

けっこう大きな音がしたのに、なーんにも動じずに遊び続けるふたば。
大物だな…
グループのみんな、びっくりさせてしまってごめんね。
風船が割れた後、気を取り直すのも異常に早いふたばは、次の目的地に向かって歩き出します。

洗濯用パラソルハンガーに吊るされた、たくさんのキラキラテープ!
これも大好物~!
ハンガーをくるくる回すと、テープもキラキラ輝きながら回ります。
テープが好き過ぎて、引っ張ってしまい、パラソルハンガーが折れそうになっていました…
これ以上破損しないでね(笑)

好きなものを見つけて、そこまでの移動を介助歩行で頑張りました。
長い距離を歩くなら、歩行器が良いですが、部屋の中では、小回りがきく介助歩行のほうが良さそうです。
子どもたちが好きなもので遊んだ後の締めくくりは、部屋の照明を落として、ミラーボールで癒しの空間でした。
まるでスヌーズレン。
みんないい表情をしていました(^^)
今年も、このたてわりグループで、そろそろ10月の運動会に向けて練習が始まりそうです。

ケアチャネルより一言

しっかり考えられた課題もたてわり療育ならではですね☆
楽しみながらできたかな?
スヌーズレンも癒されそうです(^^)

ちいさなふたば

※記事内で紹介している方法等は、あくまで体験者の実践している方法であり、当社において安全性や症状の改善・効果等を何ら保証するものではありません。お客様ご自身においてご確認の上、対象者の症状、性質、身体状況などを踏まえ、お客様の自己判断で実践してください。

関連するまとめ

ケアチャネルを購読・シェア

ケアチャネルの記事を購読するには、Facebookが便利です。

この記事をあなたの友達にも教えてあげたいときは、シェアをお願いします。

  • LINEで送る

このハウツーへのコメント